Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

堤真一が広瀬すずに思いを伝える必死のジェスチャー披露!映画『一度死んでみた』本編映像

2020/3/17 18:00

堤真一、広瀬すずに思いを伝える必死のジェスチャー披露!
映画『一度死んでみた』

★main_11638_S#066B_0054_s-(002)

広瀬すずが、初のコメディに挑戦した映画『一度死んでみた』が、3月20日(金・祝)より全国公開される。本作は、いまだ反抗期継続中のこじらせ女子大生・七瀬(広瀬すず)が、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態になってしまった大嫌いな父親・計(堤真一)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく奔走するハートフルコメディ。この度、七瀬と計の親子の絆が試される本編映像が解禁となった。

本編映像:https://youtu.be/T0BoYghxT6I

今回解禁されたのは、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで幽霊になってしまった計が、七瀬に2日間経過する前に強制的に生き返る方法を伝えようとする重要なシーン。計は自身が経営する野畑製薬に潜入したライバル会社のスパイをあぶりだすべく自ら仮死状態となったが、動けないのをいいことにライバル会社のワトソン製薬に本当に火葬されそうになってしまう。この危機を脱するべく、言葉は聞こえないが計の幽霊の姿だけは見えている七瀬に、生き返らせる手がかりをジェスチャーで伝えることを思いつく。

11610_S#066B_0026_s-(002)

随所に散りばめられた笑い笑い笑い笑い──の大洪水!この映像も2回目は七瀬に協力する計の秘書・松岡(吉沢亮)が若干見切れているにも関わらず、自分には見えない計とコミュニケーションを取ろうとする七瀬を不審そうに見る表情と挙動不審な動きにも注目だ。

関連記事


Page Up