Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

剣心に斬殺された妻雪代巴役に有村架純が決定!『るろうに剣心 最終章』

2020/3/19 15:22

雪代巴役に有村架純が決定!『るろうに剣心 最終章』

SNS用巴解禁ビジュアル-(002)

<最終章>で明らかになる事実!かつて、<剣心は結婚していた>、そして<自らの手で妻を斬殺していた>その妻の名前は雪代巴―。剣心の<十字傷の謎>の鍵を握り、かつて剣心の妻であった雪代巴役に有村架純が決定!あわせて、巴のビジュアルが解禁された。

佐藤健・主演の映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の2作が、それぞれ7月3日(金)、8月7日(金)より2作連続で全国公開される。

緋村剣心役の佐藤健ほか、神谷薫役の武井咲、喧嘩屋の相楽左之助役の青木崇高、女医の高荷恵役の蒼井優、唯一シリーズ全作出演となる斎藤一役の江口洋介、といったおなじみのキャストの続投が次々と発表される中、最終章2作品に大きく関わる、剣心の<十字傷の謎>を知る男で、上海マフィアの頭目であるシリーズ史上最恐の敵・縁(えにし)役を、新田真剣佑が務めることが発表された。

そして、有村が演じる雪代巴は、幕末、剣心が血も涙もない人斬り抜刀斎の時代に、唯一心を許したにもかかわらず、その手で斬殺した妻の役。巴は剣心の頬の十字傷に深く関わっており、最終章「The Final」で縁が剣心に復讐を仕掛ける理由とも関係している。

今回の「最終章」は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに、縁との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに<十字傷の謎>に迫る「The Beginning」の2部作が描かれる。幕末を描いた「The Beginning」がシリーズ最後になるが、時系列では1作目の前のストーリーになる珍しい構成となる。剣心はなぜ唯一心を許した妻を斬殺したのか?剣心はなぜ“不殺の誓い”を立てたのか?これまで語られることのなかった剣心の原点が、頬の<十字傷の謎>とともについに明らかになる!

今回、 “最終章”において物語の中心を担う、巴と縁という2人の解禁を受けて、主演の佐藤は初めてコメントを寄せた。

「剣心の頬の十字傷は悲しみの象徴であり、この傷が残り続ける限り、剣心は悲しいんです。巴との出会いを経て、その十字傷に殺さずを誓った剣心は、市井の人々の平和を守るため流浪の旅を始めます。これまでのるろうに剣心シリーズ三作は、そのような過去を経て流浪人になった剣心の、新たな冒険の物語でした」とこれまでの剣心の物語を振り返った。その中で、「それら全てを演じた僕の中には、雪代巴という一人の女性が内包されていました。パート1の撮影初日、鳥羽伏見の戦いで新時代の来訪を悟った時、志々雄真実が目の前で自らの愛する女性を斬殺した時、僕は剣心としての自分を見つめ直そうとする度に、巴を想い、深呼吸をして本番に臨みました」と、1作目撮影時から、巴はずっと想い続けているキャラクターと語り、また、巴役を有村が務めることに関して「The Beginning の撮影初日、僕の中に7年間内包されていたものが、突如実体を持って目の前に現れました。巴として初めてお会いするはずの有村さんに、どうしようもない懐かしさを感じました。それからの撮影の日々は、辛く悲しくありながらも夢のようで、今思い返しても、あんなにも美しく、そして儚い時間を過ごした経験はありません」と、撮影当時の様子を明かした。

2014年の前作(京都大火編/伝説の最期編)の公開から6年が経ったが「剣心にとって最も大事なエピソード。最終章を撮らないと、るろうに剣心が終わらない」と覚悟を決め、「作るなら一番良いものを届けたい」と前作超えを誓って挑んだ製作陣の並々ならぬ思いが込められた本作は、シリーズ史上最高のクライマックスへと向かう。

関連記事


Page Up