映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』 11月公開が決定!

2020/5/28 09:00

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

キャスト組み写真-(002)ss

左から:小越勇輝、中島健、ウチクリ内倉、花柳のぞみ、坂ノ上茜、
桃果、朝倉ふゆな、森山晃帆、星れいら、山之内すず、福崎那由他、三山凌輝、森本直輝、黒沢進之介

 

桜庭ななみ、土屋太鳳、武田玲奈らが主演を務めてきた「若手俳優の登竜門」とも称される映画『人狼ゲーム』シリーズ。このたび、主演・小越勇輝による最新作『人狼ゲーム デスゲームの運営人』が2020年11月に公開が決定した。

本作は、原作小説&コミカライズ累計150万部を突破した人気シリーズ「人狼ゲーム」の実写化第8弾となるサバイバルゲーム・スリラー。勝てば賞金1億円、生きるか死ぬかのリアル人狼ゲームに参加させられた高校生たちによる絶体絶命の騙しあいが展開する。また、今まで明らかになっていなかった人狼ゲーム運営側に初めてフォーカスが当てられ、参加者側と運営側の思惑がぶつかり合う、二重構造の頭脳戦がスリリングに描かれる。

主演は、ドラマ「弱虫ペダル」(BSスカパー!)や2.5次元舞台「テニスの王子様2ndシーズン」で注目を浴び、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK)やドラマ「FLY!BOYS,FLY!~僕たち、CAはじめました」(CX)、映画『劇場版ドルメンX』など続々と話題作に出演し注目を集める、若手俳優の小越勇輝

また、新たに発表されたキャストとして、映画『HiGH&LOW THE WORST』『シグナル100』やドラマ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」など続々と話題作に出演を果たす中島健、人気舞台「人狼 ザ・ライブプレイングシアター」などで活躍する実力派俳優のウチクリ内倉、映画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』『見えない目撃者』や「王様のブランチ」(TBS)レギュラー出演中のほか、2020年秋公開の話題作『きみの瞳が問いかけている』への出演も控える坂ノ上茜、映画『春待ちかぼちゃ』主演のほか、『ビブリア古書堂の事件手帖』『恋は雨上がりのように』など多くの作品に出演する桃果、AbemaTV「白雪とオオカミくんには騙されない♡」で人気急上昇し、現在「ヒルナンデス!」(NTV)シーズンレギュラー出演中の他、映画・ドラマでも活躍する山之内すず、映画『光』『いぬやしき』『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』『サムライマラソン』をはじめ、2020年はNHK連続テレビ小説「スカーレット」で注目を集めた福崎那由他、人気舞台である『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ』などで活躍する三山凌輝。そのほか、花柳のぞみ、朝倉ふゆな、森山晃帆、星れいら、森本直輝、黒沢進乃介が共演に並び、ネクストブレイク必至の若手俳優が集結した。

原作・脚本・監督を務めるのは、「人狼ゲーム」シリーズ原作のほか数々のライトノベルやボードゲームを世に送り出してきた川上亮。「人狼ゲーム」の全てを知り尽くした川上自ら原作・脚本を執筆した。フレッシュで実力あるキャストと人狼ゲームの表と裏を知り尽くしたスタッフが集結。シリーズ初の人狼ゲーム運営人の裏側が明かされる極限のデスゲームが今、幕を開ける!

 

<ストーリー>
命がけの人狼ゲーム――。参加者はネット上や「拉致」によって集められ、勝敗は富裕層による非合法な賭博の対象となっている。その現場で「運営人」のひとりとして働く正宗(小越勇輝)は、いつものように参加者を運び、機材のチェックを行い、そして――絶望した。参加者の中に、自分が過去に家庭教師のバイトとして教えたことのある女子高生、夏目柚月(桃果)が含まれていたからだ。『彼女を救いたい。運営本部に殺されてもいい。』そう考えた正宗は同僚の運営人・琥太郎(中島健)の助言を得ながら、参加者全員の役職や人狼の襲撃先、「つくべき嘘」といったアドバイスを必死で柚月に伝えようとしていく。「ほかの運営人や観客に気づかれてはならない」という究極の制限の下、「特定の参加者」を勝利に導くことはできるのか――?

 

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』
©2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会
公式サイト : jinro-game-episode8.com
公式Twitter : twitter.com/jinrogame_movie
2020年11月シネマート新宿ほか公開

関連記事


Page Up