s**t kingz(シットキングス) 無観客ライブストリーミングダンスショーを開催!

2020/6/14 10:49

s**t kingz 無観客ライブストリーミングダンスショー

NAMA!HO!SHOW!ステージ写真①S

世界トップのダンススキルを持ちながら、ストーリー性やユーモアあふれるコミカルなパフォーマンスで、人気を博してきた世界的ダンスパフォーマンスグループ【s**t kingz(シットキングス)】(通称シッキン)。全世界同時配信の無観客ライブストリーミングダンスショーが、6月13日(土)に開催された。日本をはじめ、オーストラリア、中国、スペイン、アメリカなど、全12か国・地域で視聴された。

コロナ禍による外出自粛期間中、自身のYouTubeチャンネルにて継続的にダンスを通して“おうち時間”を楽しめる企画を発信し続けてきたs**t kingzだが、久々にshoji、kazuki、NOPPO、Oguriの4人がそろって照明を浴び、喜び溢れる、エモーショナルな振付と演出は、オンラインで見ている事すらも飛び越える、臨場感と感動を届けた。

メンバーの日本語と英語によるオープニングMCから、Oguriの画面越しに行われたコールアンドレスポンスの後、「START!」という掛け声で扉が開き、60分一発勝負のライブストリーミングダンスショーがスタートした。

 

NAMA!HO!SHOW!ステージ写真②S

Oguriが向かった先は、自宅を再現した部屋の一部。ドリンクを片手に音楽に合わせて踊る様子は、まさにプライベート空間に一緒にいるかのように思わせるソロパフォーマンスをたっぷり披露。突然電話が鳴り、話を終えたOguriはダンス動画を撮影しメールで送信した。そのメールを受け取ったshojiは、同じく部屋を再現したステージの一角でキレのあるダンスを踊る。この自粛期間中にメンバーがそれぞれの自宅でリモート会議を重ねながら、ダンスの映像制作をしていた様子を再現したパフォーマンスとなる。会場の四隅でメンバーの自宅を模した空間が現れ、さらに 4つに分割された画面のようなセットと演出で、メンバー4人があたかもZoomでミーティングをしているというシーン。

メンバーがそれぞれの振付のことを喧々諤々と話していて、手話ならぬダンスランゲージでの息ぴったりのパフォーマンスを披露。そのうちに「え?自粛が終わったの?」というきっかけから、4人が集まって踊る。ムービングのカメラワークはもちろん、定点カメラを活用した映像ならではの演出とそのストーリー展開に、リアルタイムで観ているファンから「さすが!」「生とは思えない!」「映像でこれを表現するとは!」の声など、コメント欄は大盛り上がり。

 

NAMA!HO!SHOW!ステージ写真③_せが家S

その後 “オラオラダンス”をふんだんに散りばめられたshoji、鏡を使った妖艶なkazukiによるソロパフォーマンスの後、雰囲気もガラリと一変、先日シッキンのオフィシャルYouTubeチャンネルにて、浅はかなドラマ“浅ドラ”として5日間連続配信された「僕らのYeah!!」の登場人物である、シッキンが扮する「セガ家」が現れた。リアクションが薄めの父(Oguri)、何かとやりすぎてしまう母(shoji)、2人の子供とは思えない程の背の高さを誇る小4の息子(NOPPO)、ほぼ人間の犬(kazuki)が、軽快に繰り広げるダンス×芝居のパートへ。

視聴者がツイッターのハッシュタグ「#NAMAHOSHOW」投稿で参加する企画も展開していた。「YouTube上で人気がある2つのパフォーマンスのどちらを踊ってほしい?」と、その場で投票してもらうというもの。その結果、2018年の舞台「The Library」のBlu-rayの特典映像として収録されている、1時間で振付を作って踊れるか?という、無茶ぶりサプライズ企画で課題曲となった「どんぐりころころ」のオリジナルRemixを披露。課題曲なだけあり、難易度の高いテンポ、EDMやお祭り曲調など目まぐるしく変わる曲構成などにキレキレのダンスを振り付けたファンにも人気のナンバーが選ばれた。

 

NAMA!HO!SHOW!ステージ写真④_NOPPO、Oguri1

ラストスパートは、このショーのために作られた、メンバーそれぞれのオリジナリティが溢れる“ダンス祭り”。

そして、フィナーレは、「今この世界ではたくさんの事が起きていて、苦しい状況を生きている方もたくさんいると思います。それでも、皆さんや、僕たちが開ける扉のその先に、明るい未来が待っている事を僕らは信じています。」というメッセージと共に、彼らのオリジナル絵本「あの扉、気になるけど」の中に収録されている、「beautiful」という、希望を感じさせるポジティブなパフォーマンスで、ラストを迎えた。

前後左右ぐるりと360度、さらに上から下までくるっと360度と、縦横無人に映し出された“720度映像”での配信は、生のライブでは見る事のできない“目線”を体験でき、彼らの表現力と相まって、未知なる世界に誘われたパフォーマンスであった。

 

NAMA!HO!SHOW!ステージ写真⑤_kazuki、shoji1

尚、本ダンスショーは、6/16(火)20時までアーカイブ映像が有料で視聴可能。リアルタイムで視聴出来た方はもちろん、生配信を見逃した方もこの72時間の間であればいつでも購入できるので、何度でもシットキングスのパフォーマンスを楽しむ事が出来る。

また、ライブ最後には、次回のライブストリーミングダンスショーが8月29日(土)に開催されることも発表された。

 

『s**t kingz presents NAMA! HO! SHOW! -Live streaming dance show-“ 』
【日時】6月13日(土)20:00~21:00 ライブストリーミング配信
【出演/演出/振付/構成】s**t kingz(シットキングス)
【チケット情報】
https://shitkingz.zaiko.io/e/namahoshow
・アーカイブ購入期限:ライブ配信終了〜6/16(火) 20:00まで 「ZAIKO」にて販売中
(ライブ配信チケットをご購入の方も6/16(火) 20:00 までアーカイブをご視聴頂けます。)
・料金:2000円(税込)
【イベント情報掲載ページ】https://shitkingz.jp/shows/namahoshow/

次回ライブストリーミングダンスショー
【タイトル】Live Streaming Dance Show vol.2(仮)
【出演者】 s**t kingz(シットキングス)
【日時】 2020年8月29日(土)
※チケット発売などの、詳細は公式HP、SNSにて随時公開予定。

関連記事


Page Up