伊藤沙莉が公開アフレコ収録に初挑戦! アニメ映画『小さなバイキング ビッケ』の公開アフレコ&記者会見

2020/6/30 16:03

伊藤沙莉が公開アフレコ収録に初挑戦!

★★IMG_7638S

10月2日(金)から全国公開されるアニメ映画『小さなバイキング ビッケ』の公開アフレコ&記者会見が6月29日(月)都内で行われ、主人公・ビッケ役の伊藤沙莉が登壇した。

本作は、かつて日本で最高視聴率20.5%を記録し、尾田栄一郎の『ONE PIECE』のモチーフにもなった名作アニメーション。何でも黄金に変えてしまう魔法の剣の秘密を解き明かす、オリジナルストーリーで、ビッケが母イルバを救うために、海賊の父ハルバルと仲間とともに、大冒険を繰り広げるファンタジー大作。

公開アフレコでは、弓矢のコンテストの準備をするビッケが、ハンマー好きな不思議なリスと出会い、話しかけるシーンを披露。笑顔も見せていたが、実は“初”の公開アフレコにかなり緊張していたことが、続けて開かれた会見で明らかに。

初めに、伊藤はビッケ役に決まったときの感想を「いつかは、男の子の声のお仕事をやらせていただきたいと思っていたんです。なのですごく嬉しかったです。海賊というのも夢がありますし」と話し、さらに「私の母が(かつてのアニメ作品に)ドンピシャ世代なので、母に話したときが一番緊張しました」と口にした。

 

★★IMG_7447S★★IMG_7452S

さきほどの公開アフレコに触れられると、「やりづらかったです」と苦笑い。「来ていただいたのに本当に申し訳ないんですけど、緊張しました。普通にアフレコするだけでも緊張するのに、みなさんに見られているので。普段の撮影やお芝居とは違って、(声優は)顔が映らないお仕事、声で表現するお仕事なので、そういうときの私は顔がオフというか、見られちゃまずい顔をしているんです(笑)。今日はそれが出ないように気を付けました」と明かした。

続けて作品の感想を「すごく勇気をもらえる作品だと思いましたし、心からビッケを応援したくなりました。ビッケは、『まだ早い』『まだそこまでじゃない』と、まわりから言われるんですけど、これって、一般的にも置き換えられることだと思うんです。決めつけられてがんじがらめになっちゃう。でもビッケはそこをパンって解き放って成長に繋がっていく。すごく温かい気持ちになれる作品だと思いました」と語り、「私は3兄弟の末っ子なんですけど、私もいつまで経っても子供扱い。自分はもっと成長してるのにというもどかしさを感じることがあるので、ビッケに共通するものがあるなと、自分の家族がよぎりました」と自身を重ね合わせた。

伊藤の実のお兄さんであるお笑いコンビ「オズワルド」の伊藤駿介とは、普段からSNSなどでも仲の良い関係を見せている。。そんなお兄さんに、「昨日、ビッケの会見をしてくる」と伝えると、「え!また声やるの!? 吹き替えるねぇ~」と言われたそうで、「何言ってるんだろうと思いました」と兄弟らしいやりとりに素顔を覗かせた。

また子供役ということで、伊藤自身の少女時代についても質問が。伊藤さんは「今考えると、ぞっとするくらい怖いもの知らずでした。気になったら一直線でした」と振り返りながら、「今は変わった」と続け、「今は真逆です。“石橋を叩いて渡らない”タイプです。なんですかね。失敗することを知って、怖くなっていったんじゃないですかね」と分析しながら、今までで一番危機だったこととして、「警察に連れていかれたこと」と耳を疑う告白を始めた。

「幼稚園くらいのときに、スーパーで売っていた『Dr.スランプ アラレちゃん』のノートがどうしても欲しくて、1枚だけ破いちゃったんです。まだ判断能力が欠けていたので。そしたらお母さんに見つかりまして。そのノートをすぐに買ってくれたんですけど、そのまま警察に連れて行かれて、『もうあなたとは二度と会えない。牢屋に入ることになるから』と言われました」と、「いけないことをしたら牢屋なんだと勉強しました」と、人生最大の危機だったことを明かした。

 

★★IMG_7684S

またコロナの自粛期間中は何をしていたか聞かれ、「一生(分)、家にいました」と答えた伊藤。「ネットのコンテンツや映画を観たり、自宅にカラオケを搭載しまして、マイクも買って、家で一生(分)歌ってました」と話すと、会場からは笑いが。さらに「あとは、料理をしたり……」と続けると、思い立ったように「花嫁修業のような期間でした!」とコメント。「ヒゲのおじさん(お兄さん)とずっと一緒だったんですけど、かなり鍛えられました」と振り返り、すかさず記者から「花嫁になる予定はあるんですか?」と切り込まれるも、「ないんです。悲しいけれども!」と大きな声で即答。「だいぶ鍛えられたので、これから出会う人とはうまくいきそうです」と希望的観測を語った。

最後に「第57回ギャラクシー賞」並びに「日本映画批評家大賞助演女優賞」受賞を祝福され、満面の笑みを見せた伊藤。「頑張っていれば誰かが見ていてくれるんだなと実感しました。また新たなスタートだなと感じています。ここからまたもっともっと頑張っていきたいと思います。ビッケでの男の子役もそうですが、やったことがないことができるのが毎回楽しいです。自分にはこんな役こないだろうと、想像もしていなかった役が舞い込んできたりする瞬間がすごく嬉しい。これからも伊藤沙莉の、また違った一面を何かの役で表現させていただけることが出来たらいいなと思っています」と目標を語り、記者会見が終了した。

 

アニメ映画『小さなバイキング ビッケ』
10月2日(金)イオンシネマ他にて全国公開
© 2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision
配給:イオンエンターテイメント、AMGエンタテインメント

関連記事


Page Up