女性騎手ミシェル・ペインが栄冠を手にする奇跡の実話 映画『ライド・ライク・ア・ガール』公開間近!

2020/7/8 16:00

映画『ライド・ライク・ア・ガール』

RLAG_1RLAG_2RLAG_3RLAG_4

オーストラリア初登場1位を獲得した映画『ライド・ライク・ア・ガール』(配給:イオンエンターテイメント)が7月17日(金)より全国公開される。

本作は、オーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンカップにて、強豪が集う3200メートルの難関に挑んだ女性騎手“ミシェル・ペイン”が、前代未到の栄冠を手にするまでの努力と挫折を重ねた半生を描いている。

本作主演のミシェル役には、『明日、君がいない』で女優デビューし、『ベッドタイム・ストーリー』『きみがくれた物語』『ハクソー・リッジ』などに出演し、『The Ever After(原題)』では主演のみならず脚本も手がけて話題となったテリーサ・パーマー。ミシェルの父役には、『ピアノ・レッスン』や『ジェラシック・パーク』シリーズなどで人気のベテラン俳優サム・ニールが熱演。

監督には、アカデミー助演女優賞にノミネートされるほど実力派女優としても活躍しているオーストラリア出身のレイチェル・グリフィス。本作が映画監督デビュー作品となる。

海辺で乗馬の練習をしているミシェル役のテリーサ・パーマーや、劇中内での賑やかなミシェル一家の家族写真などオフショット写真が到着した。サム・ニールがムービーカメラを覗き込んでいる様子や、レイチェル・グリフィス監督が本作撮影を終えた時の安堵感に満ちた笑顔など、お茶目な写真も含まれている。

掲載写真は次のとおり。©2019 100 to 1 Films Pty Ltd
ミシェル役・テリーサ・パーマーの海辺での乗馬練習写真
ミシェル一家の家族写真
ミシェルの父親役サム・ニールが撮影カメラをマグダ・ズバンスキーと一緒に覗いている写真
映画監督デビュー作品となったレイチェル・グリフィス監督と製作のリチャード・ケディ

 

2019/オーストラリア/日本語字幕/カラー/98分/ビスタ/原題:RIDE LIKE A GIRL
公式サイト:https://ride-like-a-girl.jp
公式Facebook: @ridelike.jp  公式Twitter: @ride_like_jp
7月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、イオンシネマ他全国公開

 

関連記事


Page Up