WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」撮休シリーズ第二弾製作決定!

2020/7/15 06:00

「WOWOWオリジナルドラマ 竹内涼真の撮休」

竹内涼真の撮休_解禁用横-(002)

ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか。「有村架純の撮休」がWOWOWで2020年3月~5月に放送され、架空の休日を描いた、8つのストーリーを役者本人が演じる一話完結の新企画オムニバスドラマが話題をさらい、メディアからも高い評価を得た。そして、新たに竹内涼真を起用して第2弾を製作、11月より全8話の放送が決定した。

竹内の撮休を描く今作、監督を務めるのは、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手掛け、恋愛映画の名手と言われる廣木隆一、ドラマ「全裸監督」などを演出した内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、映画、ドラマ、MVを手掛ける松本花奈。第1話の脚本を担当するのは、ドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜。ほかにも、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の構成を手掛けた竹村武司、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら個性的な脚本家たちが集結した。

ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会ったり、ある時は妹と人生を語ったり、ある時は同級生とバーベキューをしたり…、パラレルな物語として展開。クリエイターが作り上げていく8つの妄想炸裂ストーリーに注目だ。

<ストーリー> とあるスパイスの店を訪れた撮休中の竹内涼真。「スパイスカレーを作りたい」という竹内に、女性店主の薫は、スパイスの指南をする。そしてあることがきっかけで、2人は一緒にカレーを作ることに。そこに突然、男がやって来るのだが…。(第1話「薫るスパイスカレー」より)

 

竹内涼真コメント 前作の有村さんの時から、「俳優の撮休」というありそうでなかったこのテーマがすごく面白いなと思っていたので、第 2 弾をやらせていただけてとてもうれしいです。
今回は、監督や脚本家さんそれぞれのスタイルに僕が染まっていき、今までの役柄では見せてこなかった、少し力の抜け た自分みたいなものもお届けできたらと思っています。
また、自分でも気づけていないパーソナルな部分なども、監督とセッションする中で発見できそうな気がしていてそれも 楽しみにしていることのひとつです。1 話ごとのテーマ、台詞、シチュエーションが斬新で自分でも脚本を読んでいて何度も笑ってしまいました。
毎週、楽しみで仕方がなくなるような新しいエンターテインメントを見ていただけるよう、撮影頑張ります。


 

2020年11月WOWOWプライムにて放送スタート(全8話)【第1話無料放送】

関連記事


Page Up