のん、林遣都初共演 崖っぷちロマンス映画『私をくいとめて』 今冬公開!

2020/7/22 23:03

のん、林遣都初共演 映画『私をくいとめて』

「私をくいとめて」解禁用スチール-(002)

のん、林遣都の初共演で、綿矢りさ原作の小説「私をくいとめて」が実写映画化、今冬に全国公開される。今冬、31歳おひとりさまと年下男子による、あと1歩近づけないむずがゆい恋模様を描いたわかりみが深すぎる崖っぷちロマンスが爆誕する。監督は、第30回東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞をはじめ数々の賞を受賞した『勝手にふるえてろ』(17)などで、女性の生き方や恋愛にスポットを当てつづけてきた大九明子。

脳内に相談役「A」をもつ31歳おひとりさま黒田みつ子を演じるのは、女優・創作あーちすと のん。のんが演じるおひとりさまヒロイン・黒田みつ子は、何年も恋人がおらず、脳内の相談役「A」と一緒におひとりさま生活を満喫していた。そんなおり、取引先の年下営業マンに恋をする。みつ子が恋をする多田くんには、今最も注目を集める実力派俳優・林遣都。みつ子の勤める会社の取引先の若手営業マンであり、密かにみつ子に恋心を抱く年下男子・多田くんを演じる。

 

「私をくいとめて」ティザー(みつ子)-(002)

のんは共演した林について「役に対するアプローチはとても魅力的だったので負けられない、と気合が入りました。あと、林さん直々に並んで買ってきてくださったおすすめのクッキーサンドを現場で配っていらっしゃって、すごく優しい方なんだなと思いました」とコメント。一方、林はのんを「お芝居をしてる時と普段のギャップが大きい方という印象でした。お芝居をしている時は常に役を通してお互いの心を探り合い、心地良い会話をさせていただけたと思ってます。よーいスタートで目の色が変わり、極めて繊細な表情で相手を引き込む力がある方で、お芝居の中で驚かされた瞬間が沢山ありました。ご一緒できて楽しかったです」と語っている。

大九監督は、「のんさんは怒りの表現が見事で、あんなに柔らかい空気を漂わせていながら、内側に高温のマグマみたいなものを持ってる人だと思います。のんさんはいっぱい質問してくれます。その対話の中でこの映画の核を再確認できたように思います。林遣都さんは以前からご一緒してみたかった方です。振り幅が素晴らしく、少し話すと芝居がどんどん変わるので、とても楽しかったです。急に変なことお願いしてもすぐに「はい」と言ってやって下さって素敵」と二人を絶賛している。

公式サイト:kuitomete.jp   公式twitter: @kuitometemovie

 

「私をくいとめて」ティザー(多田くん)-(002)

関連記事


Page Up