伊藤健太郎・主演 映画『十二単衣を着た悪魔』 追加キャスト解禁

2020/8/11 12:00

伊藤健太郎・主演 映画『十二単衣を着た悪魔』追加キャスト

映画『十二単衣を着た悪魔』8月11日解禁用提供素材-(002)

上段左から兼近大樹(EXIT)、LiLiCo、村井良大。下段左からYAE、MIO、手塚真生

 

内館牧子が「源氏物語」を題材に、奔放で強い女性によって成長していく青年の姿を描いた長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を元に実写化した映画『十二単衣を着た悪魔』が11月6日(金)より全国公開される。

主演は伊藤健太郎、就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷を演じる。そして弘徽殿女御には三吉彩花。そのほかに伊藤沙莉、ラサール石井、戸田菜穂、伊勢谷友介、山村紅葉、笹野高史、田中偉登、細田佳央太、沖門和玖と若手実力派からベテランまで個性豊かな豪華キャストが出演。

伊藤、三吉ら11人のキャストに加え、この度解禁するキャストは6名。雷を含む伊藤家と親しい近所のオバサン・山下元子(通称“ヤマンバ”)を演じたのは、マルチに活躍するタレントのLiLiCo。雷が派遣先の展示場で世話になる派遣リーダー・木村に演技派俳優村井良大、そして派遣先の展示場の設営責任者には、映画初出演となるお笑い第7世代の中心人物EXITの兼近大樹が演じている。“MIOYAE”の愛称で有名な人気の二卵性双生児MIOとYAEが、藤壺女御と桐壺更衣にそれぞれ扮している。そして光源氏に恋い焦がれる六条御息所に、TVドラマや映画のほかに6本ものCMに出演する手塚真生が源氏物語の世界と現実を更に鮮やかに、そして華やかなものにしている。

『十二単衣を着た悪魔』は、11月6日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開!

関連記事


Page Up