岩田剛典、新田真剣佑 映画『名も無き世界のエンドロール』 来年1月公開

2020/9/22 22:41

岩田剛典、新田真剣佑 映画『名も無き世界のエンドロール』

メイン画像_名も無きs

「第25回小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫による同名傑作小説が映画化される。岩田剛典と新田真剣佑が表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンタテインメント、映画『名も無き世界のエンドロール』は2021年1月29日(金)全国公開される。

問題のある家庭で、淋しさを抱えて育ったキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこへ同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)もまじわり、少年期から成人まで、3人は支え合いながら生きてきた。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる「ある女性」にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。ラスト20分、想像を絶する衝撃のエンドロールが幕を開ける―。

特報映像: https://youtu.be/febsFQfp1eA

解禁された特報では、名も無き世界でお互いに支え合ってきた幼馴染のキダ、マコト、ヨッチの3人が仲良くじゃれ合う回想シーンが走馬灯のように映し出されるシーンから一変、キダとマコトのシリアスな表情が映し出され、“この物語には仕掛けがある”というメッセージと共に、衝撃のエンドロールを彷彿とさせる緊張感あふれるシーンが収録されている。

「俺はこのエンドロールを見届けなければならない、なあそうだろ?」と問いかけながら鋭い表情で一点を見つめるキダの姿とともに、10年かけて、キダとマコトが企てた日本中を巻き込んだ“ある壮大な計画”へのカウントダウンの始まりを告げる時計の秒針の音で映像が締めくくられる演出が見所だ。また、その演出をさらに盛り上げているナレーションは、主演の岩田が担当している。

 

0917午前6時web解禁_名も無き-(1)s0917午前6時web解禁_名も無き-(2)s0917午前6時web解禁_名も無き-(3)s

さらに、中村アン演じるリサの父親で、世に多大な影響力をもつ大物政治家を石丸謙二郎、キダとマコトが働く自動車修理工場の社長でキダが裏社会に入るきっかけを作った人物を大友康平、キダを<交渉屋>へと育てる、裏の世界で暗躍する組織のトップを柄本明が演じていることが明らかに!

映画『名も無き世界のエンドロール』2021年1月29日(金)全国公開
©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
配給:エイベックス・ピクチャーズ

 

 

関連記事


Page Up