志駕晃 未発表オリジナル作品 朗読劇「令和 人間椅子」 ライブ配信決定!

2020/9/23 16:44

朗読劇「令和 人間椅子」 ライブ配信決定!

ningenisu2-(002)s

ミステリー推理小説「スマホを落としただけなのに」の作者・志駕晃による、江戸川乱歩の「人間椅子」を現代版に翻案した未発表短編『令和 人間椅子』が、伊東健人、佐藤聡美、南早紀の三人の朗読により、生配信される。10月14日(水)午後7時からイープラスの配信システム 「Streaming+」により生配信され、朗読劇の後には出演者や原作者の志駕晃も交えたトークショーも行われる。

また翌日の15日(木)には、江戸川乱歩の 「人間椅子」を中島ヨシキ、大空直美が朗読し、同じようにトークショーも実施される。

『人間椅子』(にんげんいす)は、1925年(大正14年)に発表された江戸川乱歩の短編小説。ある日、女性作家のもとに一通の手紙が届く。ある貧しい椅子職人が、自身で作った椅子の中に住み、座る者の温もりを感じる毎日を送っているという罪悪の告白だった。映画やドラマでも何度も取り上げられている江戸川乱歩の代表作。

「令和 人間椅子」原作者 志駕晃コメント
私がミステリーを書こうと思い様々な作品を読み漁りましたが、最も感銘を受けさらに参考となったのは推理小説界の巨匠・江戸川乱歩の作品でした。普通の生活のすぐ近くで、猟奇的でグロテスクな事件が進行する。そんな日常と狂気の紙一重のところが、スマホ一つで恐怖のどん底に落ちる現代社会にも相通じると思いました。令和の今、「人間椅子」を翻案したらどうなるだろうと思い本作を書きましたが、楽しんでいただけたら望外の幸せです。

 

配信朗読劇「令和 人間椅子」 ※朗読劇の後にトークショーも実施予定
◆配信日時:10月14日(水) 19:00~約1時間30分程度
◆出演:伊東健人、佐藤聡美、南早紀
◆演出:菅沼尚宏
◆音楽:川﨑龍

配信朗読劇「人間椅子」 ※朗読劇の後にトークショーも実施予定
◆配信日時:10月15日(木) 19:00~約1時間30分程度
◆出演:中島ヨシキ、大空直美
◆演出:菅沼尚宏
◆音楽:川﨑龍

◆主催:ニッポン放送プロジェクト
◆チケット: 2,000円(税込)
※別途、システム利用料(220円)+振込手数料(220円※カード決済以外)
※「令和 人間椅子」「人間椅子」それぞれの公演につきチケットが必要です
◆販売期間: 9月23日(水)12:00~10月18日(日)18:00まで
※配信日2日前(「令和 人間椅子」10/12(月)00:00、 「人間椅子」10/13(火)0:00)からはカード決済のみでの販売となります。
◆公式サイト https://eplus.jp/R_Thehumanchair

関連記事


Page Up