のん・主演 映画『私をくいとめて』 第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」出品決定

2020/9/29 19:00

のん・主演 映画『私をくいとめて』

9月29日(火)19時解禁「私をくいとめて」メイキング写真-(002)

『勝手にふるえてろ』の監督・脚本=大九明子×原作=綿矢りさ、そして主演・のん、による映画『私をくいとめて』(12月18日(金)全国公開)が、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」への招待が決定した。

第33回東京国際映画祭は、10月31日(土)~11月9日(月)まで開催される。主人公・31歳のみつ子(のん)が脳内の相談役と対話しながら物語が進行していく本作に関して、東京国際映画祭シニア・プログラマーの矢田部氏は「実は彼女の悩みや逡巡は我々みんなのものだ。孤独からいかに抜け出すか。『私をくいとめて』が描く、一歩を踏み出す勇気こそ、今年の映画祭のテーマなのだと思わずにいられない」と評す。

今回招待が決定した部門は「TOKYOプレミア2020」と銘打たれたショーケースの部門。従来の「日本映画スプラッシュ」、「アジアの未来」、「コンペティション部門」が統合された今年限定の部門となる。本部門では、32作品(欧米10、アジア12本、日本10本)の上映が予定されており、同部門の全作品を対象とした「観客賞」が設けられている。『勝手にふるえてろ』では、第30回東京国際映画祭の「コンペティション部門」で一般観客の投票で選ばれる観客賞を受賞しており、本作での二度目の受賞に期待がかかる。なお、観客賞は11月9日(月)に行われるクロージングセレモニーにて発表予定だ。

本映画祭への参加に関して、大九監督、のんは「特別な一年の特別な映画祭に選んでいただき、大変光栄です。部屋から一歩踏み出して、東京国際映画祭に参加することが、心底楽しみです! 」(大九監督)、「東京国際映画祭への出品、とても嬉しく思います。そして、今年も映画祭が開催されるんだという喜びを大きく感じています。」(のん)とそれぞれコメントを寄せている。

また、この度公開されたメイキング写真では、撮影中にコミュニケーションを取る監督とのんの様子が収められている。撮影について、「のんさんはいっぱい質問してくれました。その対話の中で、この映画の核を再確認できたように思います」とコメントを残していた大九監督。人気・実力ともに兼ね備えたのんが、初参加となる大九組で一体どんな化学反応を見せてくれるのか、ますます期待が高まるばかりだ。

映画『私をくいとめて』関連記事①:https://ranran-entame.com/news/67994.html
映画『私をくいとめて』関連記事②:https://ranran-entame.com/news/69402.html


映画『私をくいとめて』は、12月18日(金)より全国ロードショー!

関連記事


Page Up