白濱亜嵐、平祐奈W主演 映画『10万分の1』 第33回東京国際映画祭<特別招待作品>として出品

2020/9/29 15:00

白濱亜嵐、平祐奈W主演 映画『10万分の1』

メイン写真-(002)

EXILEのパフォーマーでありGENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐と、平祐奈がW主演する映画『10万分の1』(11月27日(金)より全国公開)が、第33回東京国際映画祭の<特別招待作品>として出品されることが決定した。

11月5日(木)にはEXシアター六本木にて舞台挨拶付き上映会が実施され、本編の初お披露目となる。W主演の白濱亜嵐、平祐奈、三木康一郎監督、3名の登壇が予定されている。

原作は『「彼」first love』、『僕達は知ってしまっ た』など数々のヒット作を生み出したピュアラブの名手・宮坂香帆の最新作『10万分の1』。小学館 『Cheese! 』で連載がスタートし、2016年1月単行本が発売。「この漫画がすごい!WEB」で紹介されると一気に火がつき、「今一番泣ける漫画」とSNSで口コミが広がり、120万部突破の大ヒットを記録。本当に大切なものは何かが見え始めたこの時代に、人と人のつながりの素晴らしさを描き、どんな逆境にも立ち向かう力をくれる感動の純愛ラブストーリー。

★ 9月30日(水)正午より東京国際映画祭公式サイトにて先行抽選販売を開始(10月7日(水)13時〆切)。詳細は東京国際映画祭公式サイト(https://2020.tiff-jp.net/ja/)にて

 

映画『10万分の1』関連記事①:https://ranran-entame.com/news/69328.html
映画『10万分の1』関連記事②:https://ranran-entame.com/news/68370.html

関連記事


Page Up