横浜流星の場面写真解禁!映画『きみの瞳(め)が問いかけている』

2020/10/14 17:00

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』

メイン写真-(002)

吉高由里子・横浜流星のダブル主演、邦画界を牽引する恋愛映画の旗手・三木孝浩監督による映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(配給:ギャガ)が10月23日(金)より全国公開される。

吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようと奮闘する明香里。目が不自由という初めての難役に、撮影前からリサーチを重ねて役にリアリティを与えている。一方、横浜はかつて世界大会での優勝経験を持つ空手を生かし、本作のために10キロ増量して肉体を改造、見事なアクションシーンを演じた。また口数の少ない塁の葛藤や切なさを、表情だけで物語る演技で新しい一面も開花させている。

この度、横浜流星演じる“塁”の新たな場面写真が解禁となった。吉高演じる“明香里”に出会う前の、暗闇の人生を歩んでいる最中の、どこか遠くを見つめ、切なさが宿る表情の塁。そして、明香里と出会った後の光が差し込んだような柔らかな笑顔の表情を浮かべる塁の対照的な表情が切り取られている。

 

新規場面写真①-(002)新規場面写真②-(002)

本作に横浜が起用された理由として、三木孝浩監督は「横浜君の魅力のひとつに、表情の豊かさがあります。内に秘めたものがあるキャラクターを演じられる彼だからこそ、あのラストにたどり着けたと思っています。自分の内側の感情を揺らして芝居をするのが、彼の大きな魅力の一つですね」と、表情の豊かさがキャスティングの決め手のひとつだったと語った。横浜が演じる塁は、挫折や絶望に幾度も呑まれながらも、吉高演じる明香里の愛によって救われていく役柄だが、横浜の、内に秘めた想いを言葉ではなく表情で語る演技力が、この物語の切なく純粋なラストシーンをより感動的なものにしている。

また、声にもこだわったという横浜は「目の見えない明香里に、声でおじさんだと勘違いされるので、少し低く、でもわざとらしくならないように、いいさじ加減を狙いました。自分の普段の声とは違うので、最初は違和感があったのですが、塁として生きていくうちに慣れていきました。話し方はぶっきらぼうでも、優しさが滲み出るというのが大事だと思っていましたので、温かみがあるような声の出し方というのは意識していたかもしれないです」とコメント。横浜の表情、声、そして三木孝浩監督ならではの美しい映像美が加わり、“役者“横浜流星の魅力を開花させている。

10月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

関連記事


Page Up