三島由紀夫没後50周年企画 『MISHIMA2020』 命日“11月25日”より追加アンコール配信決定!

2020/11/25 17:40

 『MISHIMA2020』追加アンコール配信決定!

真夏の死1

『真夏の死』(『summer remind 』)

 

4 人の演出家が挑んだ“三島”の世界――― 三島由紀夫の命日に合わせて11月25日(水)より『MISHIMA2020』の追加アンコール配信が行われる。

『MISHIMA2020』は、戦後の日本文学界を代表する三島由紀夫没後 50 年となる今年9月に日生劇場において4日間限りで上演された。彼の人生、作品、思想に刺激を受ける4名の演出家、加藤拓也、熊林弘高、長久允、野上絹代が、それぞれの目線で演出した三島作品を、オムニバス形式で上演。2020年旭日小綬章を受章した麻実れい、世界的ダンサーでありながら本作で圧倒的な芝居を見せつけた菅原小春をはじめとする、日本の第一線で活躍する才能あふれる俳優とクリエイティブスタッフが集結し、原作の魅力を受け継ぎながらも、現代の視点で『真夏の死』『班女』『憂国』『橋づくし』の新たな4作品を生み出した。

この度、実施される“追加アンコール配信”は、2週間限定。追加アンコール配信では、1作品ごとに視聴可能で、お得な2本セット/4本セットの販売に加え、公演プログラム付きの販売も実施。また、演出家によるインタビューや、WEB上での上演脚本も閲覧できる。さらに公演サイトでは、未公開舞台写真も公開している。

 

班女1憂国1S橋づくし2SS

上から『班女』 『憂国』『橋づくし』

 

『MISHIMA2020』追加アンコール配信概要
■チケット販売: https://w.pia.jp/t/mishima2020/ <ぴあ「PIA LIVE STREAM」で配信>
■視聴可能期間: 11月25 日(水)10:00~12 月 8 日(火)23:59
■チケット発売期間: 発売中~12 月 8 日(火)20:00 まで
■販売価格: 1,500 円~3,000 円(税込) 手軽にお楽しみ頂ける 1 作品単品や、お得な 2 本/4 本セットも! またプラス 500 円でプログラム付も数量限定販売。
■特典: 演出家スペシャルインタビュー&上演脚本の視聴サービス(『班女』は対象外)

<作品詳細>
◆『真夏の死』(『summer remind 』) 作・演出:加藤拓也│出演:中村ゆり 平原テツ
◆『班女』 近代能楽集より 演出:熊林弘高│出演:麻実れい 橋本愛 中村蒼
◆『憂国』(『(死なない)憂国』) 作・演出:長久允│出演:東出昌大 菅原小春
◆『橋づくし』 作・演出:野上絹代│出演:伊原六花 井桁弘恵 野口かおる / 高橋努

公演サイト :https://www.umegei.com/mishima2020/
公演 Twitter:@MISHIMA_2020

関連記事


Page Up