上川隆也主演舞台『魔界転生』再演決定

2020/11/26 16:41

上川隆也主演舞台『魔界転生』

【魔界転生】柳生十兵衛扮装写真(上川隆也)

 

平成最後の秋を席巻した大ヒットスペクタクル時代劇『魔界転生』が上川隆也と小池徹平の初共演で2年4ヶ月ぶりに再演されることが決定。2021年4月に愛知・刈谷市総合文化センターで開幕し、続けて福岡・博多座、5月に東京・明治座、6月には大阪・新歌舞伎座で上演される。

本作は、1967年(昭和42年)に『おぼろ忍法帖』として単行本化された、山田風太郎の伝奇小説で、1981年(昭和56年)に深作欣二監督により映画化され大ヒット、その後、テレビ時代劇をはじめ、舞台、漫画・アニメ、ゲームまで、数多のジャンルでリメイクされ、山田作品の最大のヒット作であり、代表作として知られている。

2018年(平成30年)10月から12月にかけて、「日本テレビ開局65年記念舞台」として、堤幸彦演出、上川隆也主演で上演し、福岡・東京・大阪で77ステージ、動員10万人を超える大ヒットを記録。2年4か月ぶりの上演となる今回も、巨匠・堤幸彦が演出を手掛け、演劇界の重鎮・マキノノゾミが脚本を担当。ド派手なアクション、変幻自在なフライング、LEDによる映像効果を駆使し、演劇と映像の融合による画期的な演出、感動の人間ドラマ、魅惑のエンターテインメント時代劇となっている。

魔界から蘇った剣豪に果敢に立ち向かう主演の柳生十兵衛役は初演に引き続き上川隆也が、そして、十兵衛たちに立ちはだかる最大の強敵・天草四郎役は、小池徹平が演じる。

 

【あらすじ】徳川幕府によるキリシタン弾圧のため、暴徒と化した10万人の信者が惨殺された肥前国(長崎県)島原。その地で、禍々しい魔界の力を借りて、「島原の乱」の首謀者・天草四郎が甦る。
四郎は怒りと憎しみに燃え、幕府への復讐を決意する。やがて、「魔界転生」という妖術を使い、幕府と闘う配下を求め、歴史に名を残す剣豪を次々と甦らせる。荒木又右衛門、田宮坊太郎、宝蔵院胤瞬、そして、宮本武蔵、柳生宗矩、錚々たる猛者たちが黄泉の国から転生し、悪鬼として再び生を受け、四郎と共に幕府滅亡を画策する
これら魔界衆に隻眼の剣士・柳生十兵衛を中心とする幕府方が立ち向かい、魑魅魍魎が跋扈する悪魔の企てを阻止すべく、柳生衆と共に果敢に闘い、強敵を斬り滅ぼしていく。
大坂では淀殿も甦り、四郎の姉・お品や「真田十勇士」の生き残りの根津甚八も活躍し、柳生衆と魔界衆の激突はますます混迷の色合いを深めて行く。天草四郎、柳生宗矩と血で血を洗う死闘が続き、ついに十兵衛は日光東照宮での最終決戦を迎える…。

 

公演日程
2021年4月 愛知公演 刈谷市総合文化センター
2021年4月 福岡公演 博多座
2021年5月 東京公演 明治座
2021年6月 大阪公演 新歌舞伎座

公式サイト             :            makaitensho.jp
企画・製作            :            日本テレビ

 

関連記事


Page Up