内博貴・主演 舞台『ドクター・ブルー』~いのちの距離~製作発表会見は全員マスク着用!

2020/12/2 21:05

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

舞台『ドクター・ブルー』~いのちの距離~製作発表会見が12月2日(水)、都内で行われ、主演の内 博貴、共演の松下優也、室 龍太(関西ジャニーズJr.)、吉倉あおい、麻実れい<特別出演>、黒田こらん、高島礼子が登壇し、会見、フォトセッション全てをマスク姿で通した。

 

319A4980s

後列左から:黒田こらん、室 龍太(関西ジャニーズJr.)、吉倉あおい
前列左から:高島礼子、松下優也、内 博貴、麻実れい<特別出演>

 

本作は、突如として猛威を振るい始めた未知の感染症に挑む感染医や若き医師(=「ドクター・ブルー」)、医療従事者の日々の葛藤や奮闘ぶりを中心に、感染症に罹患した人々、その家族たちの姿、そして、これまでの平穏な生活を取り戻すための希望を模索する様子が描かれる。KYK医学研究所・北村義浩医学博士の監修により書き下ろされた医療ヒューマンドラマである。

 

319A4945s

感染医のスペシャリストを演じる内は「今回、人の命を救うために闘う役どころは初めてですし、チャレンジになる役どころと感じております。感染医として頑張っている方が全国で2000人に満たないと聞きまして、その方がコロナ禍のなか頑張っているのは、すごいことだと思います。今は無知の状況ですが、いろいろと研究し吸収しながら稽古に挑めたらなと感じております」と意気込んだ。

松下も「外科医で腕は確かという設定です。感染症が流行りだして、自分の担当ではないなかで葛藤する姿を見てもらいたいと思います。医者役は初めてなので、芝居だけでなく、知識を吸収しながら、稽古場で楽しくやっていきたいです」と、そして内科医役の室は「お笑い大好きの関西人で、看護師からも大人気という設定。そのように演じたいと思いますし、稽古のなかで医療の知識も学びながら、医療にも向き合っていきたいです」と力を込めた。

キャストの中で唯一、雲母病院の従事者の役柄でない麻実は「(世界的な)声楽家のナンシー濱本を演じます。コロナ禍の現実を舞台で演じるのはとても重く、怖く、厳しい思いでいっぱいなんですけれど、ナンシーを通して、幸せ、人間の大切な何かをお伝えすることができたらと願っています」と患者としての思いを伝えたいと語った。

そして、院長先生を演じる高島は「コロナ禍のなかで、病院の役割がどこまで理解されているのか、作品を通して理解できたらと思っております」とコメントした。

マスクをしたままの会見について、内は「不思議な感覚です。見られるのが好きでは何ので、これがちょうどいいと思っています。(でも、マスクのなかが)乾燥してカサカサです(苦笑)」と驚いた様子だった。

 

319A4974s

舞台『ドクター・ブルー』~いのちの距離~公演予定
<横浜公演>2021年1月23日(土)~2月7日(日) KAAT神奈川芸術劇場 全12公演
 チケット販売:12月27日(日)10:00~
   オフィシャルHP抽選先行:12月2日(水)~12月6日(日)23:59
<名古屋公演>2021年2月13日(土)~2月14日(日) 御園座 全2公演
 チケット販売:2021年1月11日(月・祝)10:00~ 
   オフィシャルHP抽選先行:12月2日(水)~12月6日(日)23:59
<大阪公演>2021年2月26日(金)~2月28日(日) NHK大阪ホール 全4公演
   チケット販売:2021年1月17日(日)10:00~ 
   オフィシャルHP抽選先行:12月2日(水)~12月6日(日)23:59

 

関連記事


Page Up