ミュージカル『EDGES-エッジズ-』いよいよ開幕!

2020/12/3 23:43

ミュージカル『EDGES-エッジズ-』

★_NI_0562-(002)

ミュージカル『EDGES -エッジズ-』日本初演が12月3日(木)より新国立劇場 中劇場にて連続上演が始まった。本作は、12月3日(木)~6日(日)をチームBLUEにて、続く12月7日(月)~10日(木)にチームREDと、クリエイティブスタッフ・出演者を2チームに分けた形で上演される。

チームBLUEは、演出・元吉庸泰、音楽監督・園田涼、そして出演は太田基裕、矢田悠祐、増田有華、菜々香。チームREDは、演出・荻田浩一、音楽監督・奥村健介、出演は林翔太、藤岡正明 実咲凜音、梅田彩佳。

 

★_NI_0554-(002)★_CO_0036-(002)

本作は、映画「ラ・ラ・ランド」の作詞や「グレイテスト・ショーマン」の楽曲を手掛けた作詞・作曲デュオ、パセック&ポールが学生時代に生み出したデビュー作。出演者は4人のみで、一つのテーマのもとに1曲1話完結の楽曲をオムニバス形式で綴る、“ソングサイクル”という新しい形のミュージカル。

日本初演では、2組の演出家・音楽家・出演者にチームを分けた形で連続上演するという、競作に挑戦する。物語に登場するのは、日々を精一杯生きながらもふとした瞬間に、抱えた胸のモヤモヤに懊悩する若者たち。大人になるってどういうこと…?愛、責任、アイデンティティ、人生の意味を正直に問うミュージカルで、若者も、そしてかつての若者も、きっとどこかに共感し、ときにさらけ出される感情にニヤニヤしつつ、切なくも美しいメロディに酔いしれる。

公式サイト: http://edges-jp.com/

 

関連記事


Page Up