橋本環奈がドラマW初出演&初主演!「連続ドラマW インフルエンス」 WOWOWで放送決定

2020/12/6 06:00

「連続ドラマW インフルエンス」

【12

橋本環奈がドラマW初出演&初主演の「連続ドラマW インフルエンス」がWOWOWで放送される。本作は、近藤史恵による同名小説を連続ドラマ化。友情が引き金となって3つの殺人事件を犯した女性3人の生涯を描いた切なき感動サスペンスドラマ。

女性小説家のもとに「私と友人ふたりが犯した3つの殺人を小説にしてほしい」と友梨と名乗る女性がやってくる。最初の事件が起こったのは、35年前の昭和の団地だった。高校生だった少女たちは2つの殺人事件を起こす。彼女たちを繋いでいたのは、友情か。それとも殺人の秘密か。しかし10年後、20代となった彼女たちは、さらに恐ろしい殺人計画を立てる。秘密を共有した3人の女性が目論んだ完全犯罪のトリック。その衝撃の結末とは…。

主人公の戸塚友梨役を演じるのは橋本環奈。ドラマW初出演で初主演に挑む。今回、橋本が演じる友梨は、幼いころから団地で育ち、本が 好きで大人しい高校生から20代まで。かつて、幼馴染の里子が祖父から性的虐待をうけていることを知りながらも守れなかったことを負い目に感じた。暴漢に襲われた親友を守るため、男を刺してしまうといった役柄だ。

その友梨が暴漢から助けた坂崎真帆役を演じるのは葵わかな。真帆は、両親の離婚を機に友梨と同じ団地に引っ越してくるが、プライドの高い母親と、都会育ちの洗練された容姿や性格が仇となり、周囲から孤立していた。秘かに真帆に憧れを抱いていた友梨は彼女に声を掛け友情が生まれる。

そして、劣悪な家庭環境から不良となった日野里子役を吉川愛が演じる。里子は、幼いころ友梨と仲が良かったが、祖父から性的虐待をうけていることを知られたことをきっかけに疎遠となっていた。だが、友梨が暴漢を刺した際、何故か里子が警察に逮捕されてしまう・・・。

橋本は次のコメントを寄せている。「もともとこのお話を頂く前から原作は読んでいて、そのストーリーもさる事ながら複雑に絡み、重なる時代におけるそれぞれの出来事が全て伏線となって全体が構成されている妙、最後に読者を裏切る驚きの結末と全てのサスペンスの要素が詰まった作品だなと感じ入っていました。友梨を演じる上で今までの演じてきた作品とはまた一味違っていてとても楽しみになりました。
そして今回この作品の共演者に関しては同世代でもある葵わかなさんと吉川愛さんとお聞きしてより楽しみになりました。葵わかなさんとは共通の友達もいるせいか初共演という感じもせず打ち解けた感じで臨めるのが嬉しい限りです。吉川愛さんに関しては今回で2度目の共演ですが、その時もキャラの強い役を演じられていてその演技力がとても印象強く残っています。
最後に私が演じる友梨は葵わかなさん演じる真帆に憧れを持っていて吉川愛さん演じる里子に罪悪感を持っている役です。偏った気持ちが交差して、他の人には理解されなくても殺人を通して、自分達の友情はこれだと悩みながらも近づいたり離れたりしながら異質な友情の形を構築してゆく役となります。この時代と運命に翻弄されながら異質の友情で結ばれた3人の意外な結末や人間模様を是非ご覧いた だけると嬉しい限りです」

 

WOWOWプライムにて全5話で放送予定

関連記事


Page Up