山田孝之主演、佐藤二朗原作・脚本・監督作品『はるヲうるひと』 2021年6月より待望の全国公開決定!

2020/12/10 12:00

佐藤二朗原作・脚本・監督 映画『はるヲうるひと』

メインカット

鬼才俳優・佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演した、映画「はるヲうるひと」が2021年6月公開に決定した。

本作は、佐藤二朗が主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された舞台を映画化した作品。映画化を望んでいた佐藤二朗が約5年を掛けて完成させた本作は、主演に山田孝之、共演には仲里依紗、坂井真紀ら豪華キャスト陣が集結。2019年度第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品に続き、第2回江陵国際映画祭(2020年11月5-7日開催)にて最優秀脚本賞を受賞した。

佐藤二朗監督曰く≪架空の島の売春宿で、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし≫。その言葉通り、そしてその言葉以上に、佐藤二朗監督の“想い”の元、集結した、山田孝之/仲里依紗/坂井真紀等の魅惑の実力派キャスト陣が本作に込めたメッセージ=言霊は、間違いなく、観る者の“度肝”を抜き、“心に刺さりまくり”そして、生きる全ての人達に“生きる為のエネルギーを漲らせる”作品になる筈。≪人はなぜ笑うのか?≫というキーワード/問いの投げかけと共に…。

 

【サブ①】【サブ②】

【佐藤二朗監督 最新コメント】
韓国の江陵国際映画祭で最優秀脚本賞を頂いた。言うまでもなく、役者は「演じる」のみに執心するのがよい。当然のことだ。しかし僕にはどうしても「演じる」欲求とは別腹に「書く」欲求がある。役者ゆえ「書く」欲求は捨てるべきだと考えた時期もあった。しかし「お前は書いていい人間だ」と背中を押してくれた人が何人かいた。その人たちや、「何度読んでも魂が震える」と主演を受けてくれた山田孝之、日頃はわりと辛口(笑)なのに「このホンは面白い」と真っ直ぐに僕の目を見て言った坂井真紀、「このホンをつまらなく撮ったら僕の責任」と言ったカメラマン神田創らに、ほんの少しかもしれないが報いられた気がする。役者界隈の賞で、頂いた唯一の賞がNG大賞のみの僕が、まさか異国の地で最優秀脚本賞を頂けるとは思いもよらなかった。そして石橋貴明さんとの対談で「賞なんていらない!」とカッコつけて言ったが、石橋さん、ごめんなさい、頂いたら頂いたで、嬉しいもんですね、賞。

 

©2020「はるヲうるひと」製作委員会
配給協力:REGENTS
配給 :AMGエンタテインメント
公式HP:https://haru-uru.com/ ■公式TWITTER:@haruwouruhito
2021年6月より、テアトル新宿ほか、全国ロードショー!

関連記事


Page Up