吉沢亮が醸し出す“陰の魅力” 映画『AWAKE』 本編映像&場面写真解禁!!

2020/12/16 08:00

吉沢亮が醸し出す“陰の魅力” 映画『AWAKE』

DSC02657s

映画『AWAKE』は天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公が冴えない大学生活を送っていたある日、ふとしたことで出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語。奨励会で将棋のプロを目指していた英一(吉沢亮)が、ライバルである陸(若葉竜也)に敗れ、プロになる夢を諦めた後のシーン映像が解禁となった。

英一は普通の学生としてやり直すため21歳になってから大学に入学するも、それまでの人生全てを将棋にかけていたため、急に社交的になれるわけもなくキャンパスライフに馴染めず、“陰キャラ”として悶々とした日々を過ごしている。学食で楽しそうに騒ぐ同級生たちを横目にひとりランチを食べているとき、不意に「ねえ、きみ新入生?」と話しかけられたゴルフサークルの勧誘にさえどぎまぎしてしまう。まったくゴルフに興味がなかったのに新歓コンパに参加してみたものの、無遠慮に自分のことを詮索してくる年下の同級生達にうんざりするのだった。

 

DSC02561sDSC03152sDSC09863s

山田篤宏監督が「吉沢さんは高い演技力はもちろん、“陰陽”どちらの引き出しも持っているので、キャラクターに“陰の魅力”を作り上げてもらえると思った」と語るように、夢に破れ目標を失って自分が何をしたいかさえも分からない青春期の未熟な主人公を吉沢が力演する。誰もが経験する挫折による苦悩、どん底から這い上がるために葛藤するひたむきな姿が共感を呼ぶ。この後、英一はある出会いによって人生の再生へ向け“AWAKE(覚醒)”するのだった!

主演は吉沢亮。共演に若葉竜也、落合モトキ、寛 一 郎、馬場ふみか、川島潤哉、永岡佑、森矢カンナ、中村まこと。脚本・監督の山田篤宏は、ニューヨーク大学で映画を学び、これまで乃木坂46のミュージックビデオや短編映画で実績を積んできた40歳の俊英が満を持して商業映画デビューを果たす。

冒頭映像:https://youtu.be/xmPiv04WHfs

 

12月25日(金)、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

関連記事


Page Up