新生PARCO劇場のオープニング・シリーズ掉尾を飾る、中井貴一主演 舞台『月とシネマ』の全キャスト、日程が決定!

2021/2/8 04:00

中井貴一主演 舞台『月とシネマ』

【月とシネマ】6shot-(002)

新生PARCO劇場のオープニング・シリーズ掉尾を飾る、中井貴一の主演による舞台『月とシネマ』が4月17日(土)より上演される。作・演出は、『メルシー!おもてなし』以来のタッグとなるG2。昭和の古き良き映画館経営者の息子に生まれ、昭和に育ち、平成にもまれながら成功を収めた独立系映画プロデューサー役を中井貴一が務める。

プロデューサーは映画館の相続のために、自身の主義とは反するアート系の女性監督と組んで映画を製作しなければならなくなる。この女性監督役を貫地谷しほり、大手映画製作会社の若きプロデューサー役に、関西ジャニーズJr.のユニット“なにわ男子”の藤原丈一郎、プロデューサーの娘役に矢作穂香、怪しい金融業者役に村杉蝉之介、映画館の熟練映写技師役に文学座のたかお鷹と、硬軟入り混じる豪華キャストが集まった。

人生でもうひと花咲かせたい中年男と、人生にこだわりを持って生きていきたい女。真逆の生き方で生きてきた二人が思わず出会った。ここから始まるのは人生架けたバトルなのか恋なのか…。そこに人生これから男子が巻き込まれて、あっちにいったりこっちに行ったり。くせもの男たちや中年男のずっと会っていなかった娘までがやってきて、やがて起こる人生の奇跡。人生の全ての瞬間は宝石箱に入っている大切な宝もの。そんな宝もののような瞬間を綴ったハートウォーミングな舞台、それが『月とシネマ』!

G2 コメント
こんな時期だからこそ、人と人が直接会うことの大切さが問われるのではないでしょうか?
35年間も喧嘩別れしたまま病気で亡くなった父親。父が遺した映画館で撮影を続けるうちに、かつてのいざこざの謎が解け、絆を取り戻してゆく再生の物語です。
中井貴一さん始め、コメディーの達者な役者が揃いました。コロナの憂さを晴らして大いに笑い、心の潤いを取り戻しましょう。感染防止対策が万全で換気も優秀なパルコ劇場でお待ちしてます。

中井貴一 コメント
昨年から引き続き2021年も演劇界にとっては、困難な幕開けとなってしまいました。
昨年よりパルコがリニューアルをし、お客様にとっても、我々演者にとっても最高の環境が用意されたのに…。
ただ、どんな状況になろうと前へ進む方法を考えてまいります。
まだ4月の状況は予測できませんが、こんな時期だからこそ皆様に温かい気持ちになってお帰りいただけるようなオリジナル作品を目指したいと思います。劇場でお会いできることを楽しみに!

 

PARCO劇場オープニング・シリーズ   『月とシネマ ―The Film on the Moon Cinema―』
東京公演: 4月17日(土)~5月9日(日)全25公演 PARCO劇場(渋谷PARCO 8F)
・チケット料金        :            11,000円(全席指定・税込)
・チケット発売日     :            3月20日(土)予定
・公式サイト           : https://stage.parco.jp/
大阪公演: 5月12日(水)~5月16日(日)全7公演  COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
・チケット料金        :            11,000円(全席指定・税込)

関連記事


Page Up