「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」完成報告会 広瀬すず&宮沢氷魚、バレンタインをテーマにした俳句を披露!

2021/2/16 10:21

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」

_NKD8897-(002)

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」完成報告会が2月15日(月) に実施され、ドラマW初登場にして初主演の広瀬すずさんと、連城昴役を務める宮沢氷魚、そして文晟豪監督が登壇した。

広瀬は本作で初めてラップに挑戦した際に「朝ドラで共演させていただいて、プライベートでも仲の良い板橋駿谷さんと練習をして撮影に挑みました。撮影後には、共演者の夏川結衣さんから『泣いた』『本当に感動した』と仰っていただけたので、安心しました」と安堵の表情を浮かべた。

俳句とラップを融合させた本作にちなみ、バレンタインデーをテーマに春の季語を入れた俳句を発表。広瀬は自身の俳句「この想い散ってなくなれチョコ桜」について、「私の句ってなぜか皆さんに笑われてしまうのですが、散ってなくなれという、切ない思いが届かなかった句にしようと思い作りました」と甘酸っぱい詩の意味を語った。

一方の宮沢は自身の俳句「ウキウキとその日を待つやバレンタイン」について「バレンタインなので、どストレートに気持ちを伝えたいなという想いで作りました。やはり、2月になると内心 ドキドキや、ウキウキ感が芽生えてくる人が多いと思います。僕も学生の頃は2月14日にとてもドキドキしていたので、その時の気持ちを思い出して書きました」とワクワク感を覗かせた。

俳句と様々なジャンルのコラボを成功させてきた俳人・堀本裕樹の青春俳句小説『桜木杏、俳句はじめてみました』を基に、主演・広瀬すず演じる芸大生リリックライター・桜木杏と、宮沢氷魚演じる俳人でコピーライターの連城昴が織りなす“言葉”をめぐり、熱く魂がぶつかり合う青春グラフィティ「ドラマW スペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました- 」は、WOWOWにて2月27日(土)よる9時から放送・配信。2月27日(土)よる10時30分からWOWOWオンデマンドで前後編一挙配信。

【番組特設サイト】https://www.wowow.co.jp/drama/original/anlyric/

関連記事


Page Up