柳楽優弥、モンゴルでの3週間は本当に最高でした!『ターコイズの空の下で』先行プレミアム上映・舞台挨拶

2021/2/20 09:13

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

柳楽優弥の海外合作映画初主演作品で、ドイツを始めヨーロッパ各国の国際映画祭でも高評価を得た『ターコイズの空の下で』の日本初上映となる先行プレミアム上映・舞台挨拶が2月19日(金)、東京・新宿ピカデリーで行われた。本イベントには柳楽優弥のほか、柳楽演じる主人公の祖父(麿赤兒)で大企業社長の秘書役を演じたサヘル・ローズ、およびKENTARO監督が登壇した。

 

319A2247s

本作は、その演技力と個性で国内外の映画人からオファーが絶えない柳楽が、約3週間に及んだモンゴルでのロケで、20 代の終わりに新たな挑戦として臨んだ日本・モンゴル・フランス合作。資産家の祖父を持つ青年タケシは、ある日突然、モンゴルに送り込まれる。目的は、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探すこと。馬泥棒のモンゴル人アムラと出会い、果てしなく広がる青い空の下、言葉も通じない、価値観も異なる二人の詩的でユーモラスな旅が始まる——。

 

319A2160s

冒頭、柳楽は「公開できるのは嬉しいですし、こういう時期に、ロードムービーを観て、ほっとしてもらいたいです。松田龍平さんがうしろに来ていて、それに感動しています」と客席後方に向かって大きく手を振った。

柳楽は本作出演の経緯について、「チーフマネージャーから『数週間後にモンゴルに行くのはどうですか?』と言われて・・・。しかも、フランス、モンゴルとの合作映画ということに惹かれて、どういう現場なのだろうとか、KENTARO監督にも会ったことがなかったので、どういう演出をされるのか興味があったので参加させていただきました。本当に最高でした!」とコメント、モンゴルで過ごした3週間は「共同生活して楽しかったです。ネズミがカップ麺を食べちゃったり、でも、満天の星空で何の文句もなし!」と楽しい想い出を振り返った。

柳楽は「映画が公開される喜びもありますが、KENTAROさんと再会できたことが大きいこと。(監督はいろいろな)引き出しで説明してくれる。本当に勉強になるんです」と監督を絶賛。監督は「コマーシャルみたいな演技が一番イヤだったし、彼にはナチュラルなままで撮りたいという気持ちがすごくあって・・・」と補足すると、柳楽は「即興でカメラの横から『ちょっと動いて』とかこういうことを喋ってみてという演出が多かったです。それがすごく居心地が良く、自分らしく現場にいていいんだということを改めて気付かせてくれました」と監督に感謝。

 

319A2156s

撮影時のエピソードとして、柳楽が監督から鏡を見ないことやマネージャーとは話さないよう指示されたことが紹介され、監督は「鏡を見たら、自分はどう演技したらいいか意識するし、マネージャーとしょっちゅう話をしていると日本に戻りたくなる。モンゴルにいて欲しかったから、余計なことはしたくなかったんです」と説明。

オーディションからの参加となったサヘル・ローズは麿赤兒とのシーンがメイン。「アングラの舞台が好きで麿さんのファンでした。(麿とのシーンは)半分がアドリブで、台本に沿って演るというより空気を感じながら来たものを受け止めてというお言葉をいただいたので、麿さんとのキャッチボールがすごく楽しかったです」と振り返り、本作について「モンゴルの風を感じる。こんなに壮大なのだと。(旅行ができない)今だからこそ、このスクリーンを通して、皆さんが旅をしてらっしゃる気持ちになってもらえたら、主人公と重ねてもらうとすごく愉しんじゃないかと。その一部になれてとても光栄に思いました」と本作へのエールを送った。

 

 319A2063s

モンゴル撮影後に自身の変化を問われた柳楽は「Quality of Lifeという言葉がすごく好きで、2020年は自分と向き合っている時期だったので、そういうことの大切さや、人との出会い、旅などからひとつひとつを見つけていくことによって、新しい自分を構築していく時期なのかなと思うんです」とコメント。

最後に柳楽は「ロードムービーなので、シンプルに愉しんでいただきたい。今、旅行などしづらい時期ですので、『ターコイズの空の下で』を観て、トリップ感を味わっていただければ嬉しいです」と、そして監督は「初めて、DCPという17メートル以上のスクリーンで観ていただけるのは、とても嬉しいです。愉しんでください」と映像の素晴らしさをアピールした。

2月26日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー

関連記事


Page Up