古田新太、阿部サダヲ、そして西野七瀬 Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』2月26日開幕!

2021/2/26 04:00

Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』2月26日開幕

YellowS_0108__new-s

2021年劇団☆新感線41周年春興行 Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』が、本日2月26日(金)に東京建物Brilliaホールにて開幕する。今作は、JR新幹線を安全に走行させる為に、点検や診断を行う黄色い新幹線、ドクター・イエローから着想を得て、“デキない”ことを悩むのではなく、「密にならない、短い上演時間で、新感線らしい、観たお客様が元気になる作品」を創るべく、名付けて“Yellow /新感線”。

1996年、2003年に上演された『花の紅天狗』のスピンオフ作品を座付き作家の中島かずきが書き下ろし、かつて木野花が演じた爆発的なテンションの月影花之丞が再び登場。いのうえ演出の王道、歌あり、笑いあり、強烈キャラ満載の、楽しくスカッと元気になる作品を上演する。

主演は劇団の看板俳優・古田新太。共演に、本作が劇団☆新感線には5度目の出演となる阿部サダヲ、 初参加の浜中文一、西野七瀬というフレッシュな二人に加えて、劇団員からは河野まさと、村木よし子、山本カナコ、中谷さとみ、保坂エマ、そして安定の村木仁。そして、月影花之丞はもちろん木野花が演じる。

 

●●s22B_0001s

             古田新太、阿部サダヲ    【舞台写真は全て撮影:田中亜紀】

 

古田は「木野(花)さんのテンションが無軌道すぎて素敵なことと、なーちゃん(西野七瀬)の可愛さ」、浜中も「阿部さん、古田さんが若い僕より運動量が多い所。木野さんのぶっ飛び具合。西野さんの器用さ、可愛いさ」を見どころに揚げた。そして新感線初出演の西野は「私にとって全てが初めてのことだらけで、お芝居や動き方、いただいたアドバイスや劇場の雰囲気など、一つ一つのできごと全てがとても印象深いものになっていっています」とコメント、初々しい演技に注目だ。

今回の公演の出演者は11人と少人数だが、劇場を埋め尽くすべく、強烈なキャラクターたちが所狭しと走り回る。

【東京公演】 2021年2月26日(金)~4月4日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2021年4月14日(水)~5月10日(月) オリックス劇場

 

●●s23B_0352s●●s24T_0020s

上写真:西野七瀬、木野花  下写真:古田新太、木野花

 

《あらすじ》
あの『紅天狗』から18年! 月影花之丞が帰ってきた!
「すべての道は舞台に通ず!」という、劇団月影花之丞・座長<月影花之丞(つきかげはなのじょう)/木野花>の号令一下、今日もその稽古場はむせかえるような熱気に満ちていた。芝居に己をぶつけるのは、ベテランの風格あふれる<塾頭剛太郎(じゅくとうごうたろう)/古田新太>、ワケありの元トップ女優・<水林星美(みずばやしほしみ)/西野七瀬>、大口契約ほしさに稽古に参加する保険外交員の<東影郎(ひがしかげろう)/阿部サダヲ>といった面々。そして、この一座に潜入しようとする一人の男が。インターポール極東支部捜査官の<モスコウィッツ北見(きたみ)/浜中文一>である。劇団員の塾頭が国際的な殺し屋“イレイザー”という秘密情報をキャッチした北見は、インターポール魂にかけて暗殺を阻止、“イレイザー”を逮捕せんと入団希望を装い、首尾よくオーディションに合格、潜入に成功した!出自も演じる理由もバラバラな役者たちによる、熱く激しい稽古。 それぞれの思惑が交錯する中、迫りくる本番初日!
そして、水面下で進行する暗殺計画が全貌を現したその時、歴史の闇に埋もれた一大プロジェクトが甦るのだった……ッ!!!!

 

●●s24T_0132s●s24T_0088s

上写真:木野花、古田新太、阿部サダヲ   中写真:古田新太、阿部サダヲ、西野七瀬

 

劇団☆新感線主宰・演出:いのうえひでのり
ここ数年では最少人数の公演になりましたが、その分ギュッと詰まって、2時間で満腹になるちょうどいい感じの公演だと思います。最初からそうでしたが、稽古を通して、木野さんの面白さ、すごさ、木野さんありきの芝居であることを改めて認識しました。
この作品は昭和のいろいろな名作へのオマージュを散りばめているので、40代以上の方には楽しんでいただけると思います。後半の大ネタが、某家庭教師のCMの国民的アニメでもお馴染みの世界の名作に着想を得たので、若い方にはインターネットなどで予習してベーシックなところを押さえていただけたら楽しんでもらえると思います!中身はないですが演劇への熱い魂と勢いだけで面白おかしく作った作品です。閉塞感のある日々ですが、大いに笑ってしばし浮世の憂さを忘れてもらえたらと思います。

【A】稽古を経ての手応え【B】稽古中の印象深いエピソード【C】本作の見どころ
【D】お客様へメッセージ


古田新太
【A】おいら以外のメンバーは大丈夫です。
【B】木野(花)さんのテンションが無軌道すぎて素敵だった。
【C】木野さんのテンションとなーちゃん(西野七瀬)の可愛さ
【D】おじさんとおばさんがふざけているので、楽しみにしてください。

阿部サダヲ
【A】まず着替えが大変そう(笑)でもこういう公演は久しぶりなので楽しみです‼️あと、稽古中ずっとマスクしてたので、やっと役者さんの顔を見てお芝居出来るのが嬉しいです‼
【B】木野さんがパニックになって何度か奇声を発してらっしゃいました。
【C】新感線の公演でこれだけ役者の人数が少ない公演は珍しいですし、劇団モノなので1人何役かやって歌って踊って劇中劇も楽しめて2時間で終わる‼︎いいですよね!
【D】観に来て頂いた方々に、笑って、元気になってもらう事を一番に考えて作られた公演だと思うので、何も考えず楽しんで頂きたいですし、楽しんで頂ける様にこっちも何も考えずに全力で演るのでよろしくお願いします‼️

浜中文一
【A】とても楽しい作品です。皆さんの面白いお芝居を見て僕もすごく勉強させてもらってます。
【B】木野さんが唯一アドバイスをくださったのが、劇中劇で僕が演じるヤギでした。
【C】阿部さん、古田さんが若い僕より運動量が多い所。木野さんのぶっ飛び具合。西野さんの器用さ、可愛いさ。僕のインターポール。
【D】観ると決めたら、何も考えずぼーっと観に来てください。そしたら僕たちが楽しませます。
【初の劇団☆新感線の感想】
ここまでやってみたら次はフルスペックの新感線に出たいという欲が出てきました。頑張ってまた呼んでもらえるようにやりたいと思います。

西野七瀬
【A】共演者の皆さんとも打ち解けられてきたので、今まで積み重ねてきたことを劇場にいらっしゃったお客さんにしっかりと届けたられたらと思っています。
【B】私にとって全てが初めてのことだらけで、お芝居や動き方、いただいたアドバイスや劇場の雰囲気など、一つ一つのできごと全てがとても印象深いものになっていっています。
【C】たくさんありますが、タイトルにもなっている月影先生に注目しています。本番では何を発言し、どういう行動をとるのか、全員が読めないので、私自身も本番を楽しみにしています(笑)。
【D】来ていただいた方に、楽しかったな来て良かったなと思ってもらえるような、笑っていただける時間になってくれたら嬉しいなと思います。
【初の劇団☆新感線の感想】
すごく楽しく、居心地が良く、今こうして皆さんとご一緒できていることがとても幸せです。

木野花
【A】いのうえさんの嵐のような段取りもなんとか身体に叩き込んで、みんなの集中力、テンションもどんどん上がってきて、お門違いな情熱の暴走に拍車がかかってきました。
【B】みんなマイペースなんです。掛け声かけなくても、それぞれ勝手に全力投球してる感じで、最年長の私があまり年齢差を意識しないで、気楽に稽古出来た心地よい稽古場でした。
【C】大逆転するのは、月影花之丞だけではありません。劇団に集まる問題ありきの役者達を、奇想天外な演劇論で次々に大逆転させる花之丞のダメ出しも見所の一つです。
【D】安全、安心を第一に、なおかつ演劇の要素を最大限に駆使した、新感線らしい型破りなエンターテインメントは健在です。バカバカしいことほど全力投球、身体を張って、お待ちしております。

 

 

 

関連記事


Page Up