過酷な状況下で生きる兄弟の愛の物語『マーキュリー・ファー』再演決定!新キャストは吉沢亮& 北村匠海

2021/2/27 05:00

白井晃・演出、吉沢亮& 北村匠海『マーキュリー・ファー』

白井さん・吉沢さん・北村さん(横3名)-(002)

左から:白井晃(撮影:二石友希)、吉沢亮、北村匠海(撮影:山崎泰治)

 

『マーキュリー・ファー』は、イギリスの劇作家フィリップ・リドリーが2005年に書き下ろし、日本では2015年に白井晃の演出により初上演された作品で、今回は劇場をシアタートラムから世田谷パブリックシアターへと移し、およそ7年ぶり2022年1月~3月に吉沢亮、北村匠海の共演により再演される。吉沢亮は、主演の大河ドラマ『青天を衝け』に続く出演作品となる。

これまで白井が世田谷パブリックシアターで演出を手掛けたリドリーの作品は5作に上り、いずれも斬新な劇場空間と、衝撃的な演出で高い評価と話題を呼び、その中でも『マーキュリー・ファー』はその他の作品と比べ、より過激な表現、より挑発的なセリフが次々と繰り出される作風で、極限状態に置かれた人間の残酷さが描かれている。

《ストーリー》ボロボロの部屋にエリオット(吉沢亮)とダレン(北村匠海)の兄弟がやって来る。ふたりは急いでパーティの準備にとりかかる。そこに青年がひとり偶然顔を出し、「バタフライ」が欲しいので手伝うと言う。しばらくするとローラと呼ばれる美しい人物と、パーティの首謀者らしき男が謎の婦人を連れてやって来る。彼らの関係は…?そして彼らの会話の中で語られる、バタフライの秘密とは…?やがて、きょうのパーティゲストが到着するが、用意した「パーティプレゼント」に異変が起きて、事態は思わぬ展開に…

 

『マーキュリー・ファー Mercury Fur』
【作】 フィリップ・リドリー
【演出】 白井晃
【翻訳】 小宮山智津子
【出演】 吉沢亮 北村匠海 ほか
【日程】 2022年1~3月  【会場】 世田谷パブリックシアター
【主催】 公益財団法人せたがや文化財団 【企画制作】 世田谷パブリックシアター 【後援】 世田谷区
*長野(松本)、新潟、兵庫(西宮)、兵庫(神戸)、愛知ほかツアー公演あり

関連記事


Page Up