岡田将生・主演、三浦大輔・作演出 舞台『物語なき、この世界。』 7月Bunkamura シアターコクーンにて上演決定!

2021/3/8 16:01

三浦大輔 3 年ぶりの新作書き下ろし!今度は“新宿歌舞伎町”が舞台!

『物語なき、この世界。』組み写真-(002)

岡田将生・主演の舞台『物語なき、この世界。』が7月11日(日)より、Bunkamura シアターコクーンにて上演される。作・演出を手掛けるのは、スキャンダラスな題材と、リアルな感情を追求した演出で、観る者の感情を揺さぶる三浦大輔。その活躍は舞台だけにとどまらず、映画監督としてのキャリアも積み上げ、この度3 年ぶりの書き下ろし作が満を持しての上演となる。

30歳を過ぎても売れない俳優で、同棲している彼女の稼ぎでヒモ生活をおくる菅原裕一役には、岡田将生。売れないミュージシャンで菅原の田舎の高校の同級生、今井伸二役にはロックバンド銀杏BOYZの峯田和伸。今井のバイト先の後輩でフリーターの田村修役には柄本時生。菅原の彼女でOLの鈴木里美役には内田理央。歌舞伎町のスナックのママ、橋本智子役には寺島しのぶ。豪華な俳優陣が揃った。

 

三浦サブNI_3305s_cs-(002)

三浦大輔 コメント
新宿・歌舞伎町のゴジラロードを通り過ぎ、映画館に向かう人波。“物語なんてない”猥雑な街並みと、“物語を求める人間”が一緒くたになった歪な風景を見たとき、ここを舞台にしようと決めた。 自分自身、舞台や映画をつくりながら「なぜ、こんな都合がいい出来事ばかりを並べているんだ?」 と、違和感を感じることがある。歌、小説、絵画といった芸術、あるいはニュース番組…… 「人生は物語だ」という言葉も都合のいい理屈、所詮は自分の人生をドラマチックに彩りたがる人間のエゴで、むしろドキュメンタリー番組だったら使われない部分、人生の残りカスが本質かもしれない。「人間、所詮そんなものだ」という諦念を描くのではなく、『世の中』というもの自体の“あら”や“だらしなさ”のみを抽出し、そこに執着し、キレイごとやメッセージなしで、この世界の矛盾を暴く――そんなことを試みたい。

主演・岡田将生 コメント
皆様の前に立てる事、喜びを感じております。舞台は何度かやらせてもらってますが、毎回いろいろな発見があります。今回はどんな発見があり、どうこの作品に向き合っていくか、すごく楽しみです。三浦さんは以前、『何者』という映画でご一緒させて頂き、そして中学の時から尊敬してやまない峯田さんとお芝居できる事、飛び跳ねました。こんな日がくるとは…いつもより数段テンションが高いです。そして今までと違う自分を見せられる気がします。こんな待ち遠しい仕事はありません。エンタメは不可欠だと思います。この作品を沢山の方に観て頂きたいです。

峯田和伸 コメント
三浦さんの舞台に出演するのは今回で二度目になります。あれが僕の人生初舞台でした。あの濃密だった二ヶ月間の暗闇から、もう七年がたちます。ですがまだ僕は追いかけられています。 三浦さん作品に出るには裸になるしかありません。顔にモザイクをかけるしかないようです。共演者、スタッフの皆さんと一緒にすごい舞台にしたいです。今はこの一心です。

柄本時生 コメント
色々と難しい環境の中、コクーンの舞台にまた立たせて頂けるという・・・本当にありがたいと思ってます。どんな作品になるかはまだ想像が付きません(笑)。楽しんでいただけるよう一生懸命頑張ります。

内田理央 コメント
実は私がお芝居に出会う前に、一度三浦さんの舞台のオーディションを受けたことがあります。ご縁はありませんでしたが、その時オーディションでありながらお芝居ってこんなに心がドキドキするものなんだ!と衝撃を受けたことを今でも覚えています。今回は皆さんと一緒にコクーンの舞台に立たせて頂くことがとても嬉しいです。精一杯頑張ります。

寺島しのぶ コメント
『禁断の裸体』『裏切りの街』に続いて、また三浦さんとお仕事できることを大変嬉しく思います。 三浦さんの代弁者でもある役だと思うので、しっかりと舞台に存在したいと思います。人生をドラマチックに生きたいと思ってる方、必見です。

 

COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』
作・演出 三浦大輔
出演 岡田将生、峯田和伸、柄本時生、内田理央、寺島しのぶ ほか

東京公演 2021年7月11日(日)~8月3日(火) Bunkamura シアターコクーン
京都公演 2021年8月 京都劇場
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/
企画・製作 Bunkamura
チケット一般発売 6 月 5 日(土) ※詳細は後日発表

 

《ストーリー》 舞台は新宿歌舞伎町。人々は皆、猥雑なネオン看板が軒を連ねる通りを抜け、突き当たりにある映画館に向かって歩いていく…。空虚な街並みに抗うように、何かしらの『物語』を求め、歩いていく…。そこで、『ドラマ』の主人公に憧れる、売れない俳優と、人生に『ドラマ』を求める、売れないミュージシャンが、うらぶれた風俗店で10年ぶりに邂逅する。その出会いは、『運命』というには間抜けすぎ、二人のお互いへの想いは、『友情』という言葉で言い表すには、あまりにも軽薄で浅はかだった…。「自分達の身の上には、『ドラマ』など起こり得ない」唯一、二人を結びつけたものは、それぞれの人生に対する、共通した『諦念』しかなかった…。そんなとき…二人の身に、わかりやすすぎるくらい、大きな『事件』が降り掛かる。二人は、たまたま出くわした、とある中年男と争いになり、男を突き飛ばしてしまう。男の頭からは大量の血が流れ――!! その場に訪れた俳優の彼女、ミュージシャンの友人、そして彼らを助けるスナックのママを巻き込んで、脇役も出揃った かのように、二人が主人公の『ドラマ』は、いよいよ幕を開けた!かのように見えたが… 二人は、歌舞伎町の街並みを眺め、呟く…。 「そもそも、この世の中に『物語』など存在するのだろうか…」

関連記事


Page Up