ドラマ「賭ケグルイ双」早乙女芽亜里の一年前の意外な姿とは!?新場面カット公開

2021/3/19 20:00

ドラマ「賭ケグルイ双」早乙女芽亜里の一年前の意外な姿とは!?

20200917-_DSC0037s

「賭ケグルイ」に並行し、月刊「ガンガンJOKER」で連載中の「賭ケグルイ双(ツイン)」(原作:河本ほむら 作画:斎木桂)の実写ドラマがAmazon Prime Videoにて3月26日(金)より独占配信スタート。主演は森川葵で、実写「賭ケグルイ」シリーズを通じ、また本作では主人公となる早乙女芽亜里を演じる。先日、新たに佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、秋田汐梨、萩原みのり、長井短、佐々木美玲(日向坂46)、犬飼貴丈、福本莉子ら、豪華最旬キャストの参戦が発表され、益々話題を集めている本作だが、3月26日(金)に配信される第1話,第2話より、主人公・早乙女芽亜里(森川葵)の姿を捉えた場面カットが公開となった。

「賭ケグルイ」の主人公 蛇喰夢子が私立百花王学園に転校してくる1年前を描いた本作。夢の学園ライフに胸を躍らせていた早乙女芽亜里は政財界の子女が集う名門校・私立百花王学園へ何も知らずに編入してくる。そこはギャンブルで全てが決まるという恐ろしい学園であった。ギャンブル初心者の彼女がなぜ凄腕のギャンブラーになるに至ったのかー。

 

20200919-_DSC1827sDSC4300-20200930s

公開された場面カットでは、編入初日にクラスメイトに囲まれ嬉しそうな表情を浮かべる芽亜里の姿や、芽亜里の幼馴染で”ミケ”の花手毬つづら(秋田汐梨)と教室で会話をする姿、なにか閃いた(?)様子の芽亜里の姿を捉えている。

これまでの「賭ケグルイ」シリーズでは凄腕のギャンブラーとして名を馳せ、時には恐ろしいほどドSな性格を見せていた早乙女芽亜里だったが、今回公開された場面カットではそんな芽亜里のギャンブルを知らない“ウブ”な姿も垣間見ることが出来る。

ドラマ「賭ケグルイ双」の実写化に対し、森川葵は「今回の双では芽亜里の年齢は一つ下がって15歳。いつまで若っぽくいられるのか、いつまで制服を着ていいのか分かりませんけど、実年齢に抗いそんな違和感を感じさせないように高校1年生の初々しい芽亜里を皆さんにお届けできたらと思います」と、意気込みを語っていた。映画・ドラマ・舞台のみならずバラエティーなど活動の幅を広げる森川葵が本作で見せる姿にもご期待いただきたい。

ドラマ「賭ケグルイ双」は、Amazon Prime Videoにて全8話、3月26日(金)より毎週金曜日に2話ずつ、独占配信される。

◆ドラマ配信ページURL:https://www.amazon.co.jp/dp/B08XB5T516

©河本ほむら・尚村透・斎木桂/SQUARE ENIX
©2021 ドラマ「賭ケグルイ双」製作委員会

 

関連記事


Page Up