神木隆之介ら映画キャストが原作漫画の世界に登場 「100ワニ紙芝居」企画!映画『100日間生きたワニ』

2021/4/5 11:56

映画『100日間生きたワニ』

★「100ワニ」ポスタービジュアル-(002)

映画『100日間生きたワニ』の公式SNSにて 「100ワニ紙芝居」企画がスタートした。本企画は公式 SNSで実施中の、公開まで映画がより楽しみになる企画を毎日発信するという映画”100ワニ”【100日企画】のうちのひとつ。原作「100日後に死ぬワニ」の4コマ漫画に、映画のキャストが声をあてたデジタル紙芝居形式で、今回投稿された動画は原作漫画の4日目。映画でワニの声を担当する神木隆之介がマンガに声をあてている。「100ワニ紙芝居」企画は、今後も公式SNSで数回にわたりアップされ、中村倫也演じるネズミや木村昴演じるモグラも登場予定。

Twitter:@100waniMOVIE Instagram:@100wanimovie

 

クレジットSTUDIO-KIKUCHI-(002)

【STORY】 桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場に、ワニの姿はない。親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――入院中のネズミを見舞い、大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。毎年みかんを送ってくれる母親との電話。バイト先のセンパイとの淡い恋。仲間と行くラーメン屋。大好きなゲーム、バスケ、映画… ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。 お花見から100日後―― 桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。 仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。そんな中、みんなの暮らす街に新たな出会いが訪れる。引っ越ししてきたばかりで積極的なカエルに、ネズミたちは戸惑いを隠せず… 変わってしまった日常、続いていく毎日。これは、誰にでも起こりうる物語。

 

神木隆之介 中村倫也 木村昴
新木優子 / ファーストサマーウイカ 清水くるみ Kaito 池谷のぶえ 杉田智和 /山田裕貴
原作:きくちゆうき「100日後に死ぬワニ」 監督・脚本:上田慎一郎 ふくだみゆき 音楽:亀田誠治
主題歌:いきものがかり「TSUZUKU」(Sony Music Labels)
製作:市川南 大田圭二 共同製作:藤川克平 中尾恭太 春山ゆきお 辻野学 五老剛
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘 上田太地 プロデューサー:臼井真之介 山中一孝
コンテ・アニメーションディレクト:湖川友謙 美術監督:徳田俊之 色彩設計:池田ひとみ
撮影監督:簡佳瑩
製作:「100日間生きたワニ」製作委員会  アニメーション制作:TIA  配給:東宝
©2021「100日間生きたワニ」製作委員会
公式サイト:100wani-movie.com Twitter:@100waniMOVIE (https://twitter.com/100waniMOVIE) Instagram:@100wanimovie (https://www.instagram.com/100wanimovie/)

関連記事


Page Up