超絶長ゼリフに挑んだ浅香航大が10秒間早口“リミット“告知でも大奮闘!Huluオリジナル「THE LIMIT」最終回

2021/4/6 14:04

浅香航大 vs 木野花「THE LIMIT」最終回「高速夜行バス」

_D5B8903_01-(002)

《限られた空間、限られた時間、限られた状況》でリアルタイム進行する《半径3メートルの人間ドラマ》をオムニバス形式および、4K UHD/HDR/5.1chサラウンドで配信される“究極”の1シチュエーションドラマ「THE LIMIT」。4月9日(金)、最終エピソードとなる第6話「高速夜行バス」の主人公を演じるのは、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍して大ヒットドラマ「あなたの番です」(2019年)でも注目を集めた浅香航大。

ある夜、長距離夜行高速バスに乗り込んだ主人公・健吾(浅香)は、老獪なベテラン詐欺師・苑子(木野花)と遭遇。逃げ場のない車内で、言葉巧みに除霊やら、高額な釈迦如来像の購入やら、怪しげな勧誘を畳み掛けられることに…。しかも、この出会いがやがて、視聴者の度肝を抜く展開へと発展していく。

 「自分が経験した中で一番の長ゼリフ」にプレッシャーを感じながらも、2日間の撮影を全力で乗り切った浅香。そんな彼が、このたびYouTubeで公開された番組スペシャルPR映像では、「さまざまなLIMITがある撮影」で感じたことを教えてくれる。

また、毎回恒例のお楽しみ企画《10秒間で作品のみどころを早口で伝える“リミット”告知》では、超早口にも全力でチャレンジ!はたして浅香は超早口PRも無事に乗り切ることができるのか――。

【第6話スペシャルPR映像】→https://youtu.be/VTrBTyfVZXA

 

Huluオリジナル「THE LIMIT」 第6話「高速夜行バス」みどころ&あらすじ
実は浅香、ドラマ本編では4ページにわたる一人語りのシーンにも挑戦。誰の力も借りられない膨大なセリフに相当緊張。ところが、いざ本番となると、そんな緊張も幻のよう…!? なんと最初から、見事クリアするという偉業を成し遂げた。
そんな浅香に負けじと、ベテラン女優・木野も「映像作品ではあまりない体験で、冷や汗ものでした(笑)」という長ゼリフをバッチリ披露。さらに、絶妙すぎる間合いや、やんわりと含みのある表情で、観客をぐいぐい引き込んでくれる二人の掛け合いにも注目だ。

<あらすじ>
鎌田健吾(浅香航大)は発車寸前の長距離夜行バスに手ぶらで駆け込んだ。乗客はほかに老婆の園田苑子(木野花)ただ一人。そんな車内でいつしか眠りに落ちるも、やがて健吾は猛烈な喉の乾きに襲われて目を覚ます。健吾が飲み物を持って来なかったことに気づいた苑子は、優しくお茶をおすそ分け。
ところがその直後、車内は怪しい空気に包まれる。なんと、苑子がまじまじと健吾の顔を見て、幸せになれないのは先祖の因縁のせいだと言い出したのだ! 除霊を申し出た後、三体の霊が健吾を狙っていると畳み掛ける苑子。さらには定期的な除霊を勧め、高額な釈迦如来像まで売りつけようとする始末。
健吾は派遣の仕事を首になったため、お金がないと打ち明け、断ろうとするが…。そんな中、苑子に目的地を尋ねられた健吾は、自身の幼少期の「心残り」について語り出す――。

 

Huluオリジナル「THE LIMIT」
Huluで毎週金曜、新エピソード独占配信中(全6話)
(※通常配信に加え、4K UHD/HDR/5.1chサラウンドでも配信)
第1話「ネコと井戸」=伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰
第2話「タクシーの女」=門脇麦、古川琴音
第3話「ユニットバスの2人」=細田善彦、岩崎う大(かもめんたる)
第4話「ベランダ男」=岡山天音
第5話「切れない電話」=泉澤祐希、岩松了、夏子
第6話「高速夜行バス」=浅香航大、木野花
【脚本】玉田真也、岩崎う大、荻上直子
【エグゼクティブプロデューサー】長澤一史
【チーフプロデューサー】茶ノ前香
【プロデューサー】中村好佑 小室秀一
【企画】三浦光博 塚田雅人 賀内健太郎
【監督】賀内健太郎 吉田真也 中嶋駿介
【制作プロダクション】博報堂プロダクツ
【製作著作】HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/thelimit/

関連記事


Page Up