Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

濱口竜介監督、第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『偶然と想像』12月17日(金)公開決定

2021/9/28 17:00

濱口竜介監督、第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『偶然と想像』

ポスタービジュアル

世界がいま最も注目する濱口竜介監督の最新作『偶然と想像』の公開日が2021年12月17日(金)に決定し、Bunkamuraル・シネマほかにて全国公開される。東京での封切館となるBunkamuraル・シネマでは、日本映画のロードショーは1989年の開館以来初となる。

第71回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した本作は、その後海外映画祭への招待が続き、9月にハンガリーで開催した第17回CineFest ミシュコルツ国際映画祭では最高賞にあたるエメリック・プレスバーガー賞を受賞するなど快挙を果たしている。

また、一足先に公開された海外からは絶賛のコメントが数多く寄せられている。
「今年のベスト映画の中でも最良の1本にして、美しき人生賛歌」- フィルム・ステージ
「軽やかであると同時にシリアス。わたしたちの人生がいかに些細なことで正しい、あるいは間違った方向に進むのかについて考えさせられる。本当に楽しく、爽快な映画体験」 – ガーディアン

ベルリン映画祭授賞式では、「一番の見どころはと問われたら“役者の皆さんの演技”だ」と答えた濱口監督。連続テレビ小説「エール」や「コントが始まる」など話題作に出演し圧倒的な存在感を放つ古川琴音をはじめ、中島歩、森郁月、甲斐翔真らフレッシュな顔ぶれが濱口作品に初出演。そして濱口組出演経験のある玄理、渋川清彦、占部房子、河井青葉ら個性豊かな俳優陣が好演している。

なお、12月17日(金)からの劇場公開と同時にオンライン公開も行われる。本作配給のInclineが新しく開設する配信プラットフォーム「Reel」(読み:リール)にて、全国での劇場公開期間限定で有料配信。Incline LLP ホームページ:https://incline.life/

◆第1話 『魔法(よりもっと不確か)』
撮影帰りのタクシーの中、モデルの芽衣子(古川琴音)は、仲の良いヘアメイクのつぐみ(玄理)から、彼女が最近会った気になる男性(中島歩)との惚気話を聞かされる。つぐみが先に下車したあと、ひとり車内に残った芽衣子が運転手に告げた行き先は──。

◆第2話 『扉は開けたままで』
作家で大学教授の瀬川(渋川清彦)は、出席日数の足りないゼミ生・佐々木(甲斐翔真)の単位取得を認めず、佐々木の就職内定は取り消しに。逆恨みをした彼は、同級生の奈緒(森郁月)に色仕掛けの共謀をもちかけ、瀬川にスキャンダルを起こさせようとする。

◆第3話 『もう一度』
高校の同窓会に参加するため仙台へやってきた夏子(占部房子)は、仙台駅のエスカレーターであや(河井青葉)とすれ違う。お互いを見返し、あわてて駆け寄る夏子とあや。20年ぶりの再会に興奮を隠しきれず話し込むふたりの関係性に、やがて想像し得なかった変化が訪れる。

映画『偶然と想像』は、12月17日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国公開

関連記事


Page Up