Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

神尾楓珠、大義君に一日を生き抜く大切さを教えていただいた! 映画『20歳のソウル』公開前夜祭

2022/5/27 09:28

取材・撮影/RanRanEntertainment

音楽に人生を捧げた一人の青年の感動の実話を映画化した『20歳のソウル』の公開前夜祭が5月26日(火)に、TOHOシネマズ 日比谷で行われ、主演の神尾楓珠、共演の福本莉子、佐野晶哉(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、佐藤美咲、佐藤浩市、秋山純監督が登壇した。

 

0D2A0404s

左から:中井由梨子(原作者)、佐藤浩市、福本莉子、神尾楓珠、佐野晶哉、佐藤美咲、秋山純監督

 

本作では、千葉県船橋市立船橋高等学校(市船)に代々受け継がれている応援曲「市船 soul」を作曲し20 歳という若さで人生の幕を閉じた浅野大義(たいぎ)、そして吹奏楽部との絆が生んだ希望と感動の実話が描かれる。

冒頭、現役の市船吹奏楽部による「市船soul」に乗って、市船ダンス部「パイレーツ」がダンスパフォーマスを披露するなか、キャスト達が登場し、オープニングを華やかに飾った。

 

0D2A0231s

浅野大義を演じた神尾を初めキャスト達も大喜び、盛り上げてくれたことに感謝していた。特に、市船吹奏楽部のOGで在学中は部長を務め、本作ではユッコ役を演じた佐藤美咲は「ダンス部の皆さんはすごくキレが良くて揃っていて素敵でした。卒業生としてこの映画に出られて幸せ」と感無量の様子。

 

また、大義の友人・佐伯斗真を演じた佐野も「僕も3年前まで高校生だったんですけど、今は、あんなフレッシュさがないな思いました。もっとフレッシュにAぇ! groupも頑張らなきゃと」と笑わせた。

 

0D2A0262s

改めて、神尾は「役者として1人の人生、特に実在の人物を演じることがすごく大変だなっていうことを感じました。大義君の一日一日を生き抜く大切さを教えていただきました」と命の尊さを学び、そして感謝。

 

0D2A0434s

大義の彼女・宮田夏月を演じた福本も「ちょうど撮影していた頃が私もちょうど20歳だったので自分の人生と重ね合わせて、台本を読んでいると涙が止まらなくって、本当に一日一日を大切にしようって思いました」と振り返った。

 

0D2A0290s

そして、佐野は「大義君が作曲した曲をピアノで演奏するシーンがあるんですけど、何回練習しても全く弾けなくて、でも本番1テイクで弾き切れて大義君が力を貸してくれたのだとすごく感じた。頑張ったら(その努力が)実るんだと、この作品に出て以来変わったこと、学んだことです」と充実した撮影だったことを明かした。

 

0D2A0327s

若い人たちに伝えるべきことは?の問いかけに吹奏楽部顧問の高橋健一先生を演じた佐藤浩市は「この今が永遠に続くんじゃないかみたいに勝手に錯覚していたけど、そう思っちゃうと、今起きている事象がスルーしちゃう。そうではなくて今は、やっぱり今しかない。だからこそ今起きていること、目の前にあることをしっかり記憶に留める。そして記憶は美化もすれば劣化もする。それを自分が正しく認識し自分のなかにちゃんと入れていただく。それが将来にとって役に立つ。それを大事にしてもらいたいです」と若い人に訴えた。

秋山監督は「あの映画では演出とかは何もしてなくて・・・。皆が吹奏楽部のなかに全部飛び込んで、一緒にもう一度部活の青春を過ごすみたいな。だから、皆が(大義君とその仲間として)存在してくれたし、先程のピアノのシーンも(原作の)中井由梨子さんの思いとかいろんなものがそこに1つになった奇跡的な瞬間だった。ぜひシーンに注目して観ていただければ」と撮影時を振り返った。

ここで、原作と脚本を手掛けた中井由梨子が登壇。中井が市船吹奏楽部顧問の高橋健一先生(佐藤浩市)に『大義君の話を聞かせて欲しい』と取材が始まったのが本作の生まれたきっかけという。

MCが高橋健一先生の中井さんへの手紙を代読。「シャイで目立ちたがり屋の浅野大義を数多くの方々の前に連れ出してくれてありがとうございました。あの日大義のお母様が朝日新聞に投書されなかったならば、朝日新聞が一面に取り上げてくださらなかったならば、中井さんが名乗らずに突然の私のFacebookに現れなかったならば、大義が今こうして多くの方々の心に触れることはなかった。明日から全国ロードショーとは。感無量です。大義は明日から日本中を旅します。きっと空から、やったぜ!ありがとう、中井さん!という声が聞こえます。中井さん、大義をこの世に連れてきてくださり、ありがとうございました。高橋健一」(本文は一部省略)

 

0D2A0436s

最後に神尾は「この映画はたくさんの人の思いと、大義君のかっこよくてたくましい生き様が描かれています。この映画を見た方々のことを大義君はこれからもずっと見守ってくれているだろうなと思います。本当にたくさんの方に観ていただけたら嬉しいです」とイベントを締めくくった。

映画『20歳のソウル』は5月27日(金)全国ロードショー

関連記事


Page Up