Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高橋一生、ひとり芝居に挑む! 演出の白井晃「一生、出来過ぎ!」と大絶賛 パルコ・プロデュース2022『2020』初日前会見

2022/7/7 04:00

取材・撮影/RanRanEntertainment

高橋一生のひとり芝居、パルコ・プロデュース2022『2020』の初日前会見と公開舞台稽古が初日を翌日に控えた7月6日(水)にPARCO劇場にて行われ、初日前会見には高橋一生に加え、作:上田岳弘(作)、白井晃(構成・演出)が登壇した。

 

0D2A6328s

 

芥川賞作家上田隆弘の文学に共鳴する高橋一生が上田隆弘と白井晃はきっと合うに違いないと考えたところから出発した本作品を上田が書き下ろし、白井が構成・演出、高橋が全ての役を演じる。また、ステージング・振付/ダンサーとして橋本ロマンスが参加、映像・音楽・ダンスを彩る作品となっている。

疫病があっという間に世界を覆い、東京オリンピックがなくなったあの年、2020年を起点に、はるか昔、人類の誕生から、はるか先?の世界の終わりまでを、高橋一生の声、肉体、動きを通して観客に訴える。「クロマニヨン人」「赤ちゃん工場の工場主」「最高製品を売る男」そして「最後の人間」をテーマに、舞台に立つ一人の男の叫びが、我々の心の葛藤を浮き彫りにする!

 

0D2A6299s

 

初日前会見では冒頭、高橋が「抱負はあんまり持たないようにしているので、これまでどおり(笑)。稽古でひと月近く、半分を上田さんと白井さんとの会議に費やしましたが、稽古で積み上げて構築してきたものを信じておりますので楽しくできるんじゃないかと思っております」と胸を張った。

さらに見どころを聞かれ「全部を見てほしいんですけど・・・。被り物をするんで、その辺りを楽しんでいただけたらなと思います。壮大な出落ちに近いようなことが起こるんで、ぜひ楽しんでいただければ。出落ちは何パターンかありますから、ビジュアルで楽しんで」とアピールした。

 

0D2A6377s0D2A6460s0D2A6623s

 

本公演は8月終わりまでの長丁場となるが体力作りについて、高橋は「自分が思った以上に塩分を摂っていなかったのが、はっきりと分かりました。すごく汗を掻くので、なんで朝には重いんだろうと、夏バテ防止用のタブレットを購入、食べたら俄然具合が良くなりました。皆さんも今年の夏は塩分を多めに摂っていただけたら」と夏場の過ごし方を教授していた。

続いて、白井は「上田さんの壮大な概念の文学を演劇するというのは非常に難しい思いだったんですけども、何度も打合せをさせてもらって、高橋一生さんとも一緒に議論をまとめ、各所のスタッフの協力でなかなか刺激的で興味深い作品になったんじゃないかなと思っております」と手応え十分に話した。特に、高橋については「端で見ていて、腹立たしいくらい素晴らしい、すごいなという風に改めて思っております」と絶賛した。

具体的にどこが腹立たしいほど素晴らしい?白井は「なかなか難度の高い舞台なんですね。パルコの新しくなった劇場で、一人で75分間通してやるというのは本当に大変なことなんですけど・・・。稽古の過程では二人刺しでやるんですが、なかなか大変だったと思うんですけども、舞台稽古のなかでどんどん成果を上げていく姿を見ていて羨望なんですかね?それに近いものだと思うんですけど、どんどん良くなるのを見ていて、『なんだこの俳優は?』という苛立たしさがあるんですね」と激白。すると、高橋は「昨日通しを劇場でやらせていただいて、白井さんが演出席(客席中央)で動いていて、声が聞こえるんですよ。『あいつ!一生!』って。芝居をやっている最中に気が散ってしようがないんです。オレ、とんでもないことをしているんだなと思って。これは一悶着あるなと。通しが終わった後に睨んでいるんですよ。『なんかありました?』って言ったら、『一生!ムカつくなあ、出来過ぎだあ』と言われ、昨日は釈然としない思いを引きずったまま。素直に褒めてくれればいいのに・・・」とぼやくと、白井は「最大の褒め言葉ですよ。素直に思った気持ちを伝えただけ」と素直でない一面を見せていた。

 

0D2A6275as

 

上田は、高橋について「僕はテキスト係なんで、文字だと3万字以上、原稿用紙で言うと100枚ぐらい。そういったものを一人で演じているのか半信半疑だったんですけど、実際成り立っていてすごいなと、普通に感動しましたね」と称賛。高橋は「(台詞の多さに)今言われてびっくりしました。脳みそに入るんですね、きっと皆やれば入るんですよ」と謙遜。さらに、「一人芝居って結局ずっと喋ってるわけで会話することによって、その台詞相手の反応が一切ない。多分自分の脳の容量ってメガバイトくらいしかないので、あまり入らないじゃないかなと。実際体を動かしていくと、脳みそだけじゃなくて、体と一緒に連動しているものが記憶にあるのかなと思います」と納得していた。

パルコ・プロデュース2022『2020』
東京公演: 2022年7月7日(木)~31日(日) PARCO劇場
福岡公演: 2022年8月6日(土)~7日(日) キャナルシティ劇場
京都公演: 2022年8月11日(木・祝) 京都劇場
大阪公演: 2022年8月18日(木)~21日(日) 森ノ宮ピロティホール

 

0D2A6418s 0D2A6422s0D2A6570s

関連記事


Page Up