Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐藤浩市×横浜流星W主演 映画『春に散る』 新たに、山口智子、橋本環奈、哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰の出演解禁!

2022/11/29 06:00

 映画『春に散る』
山口智子、橋本環奈、哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰、出演解禁!

春に散る組画像

 

半生をかけて追い続けてきたテーマは、ボクシングを通じて〈生きる〉を問うこと。沢木耕太郎の最高傑作『春に散る』(朝日文庫/朝日新聞出版)が、瀬々敬久監督により映画化、2023年に公開。この度、W主演の佐藤浩市、横浜流星に加え、新たに、山口智子、橋本環奈、哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰の出演が解禁となった。

主人公は、不公平な判定で負けアメリカへ渡り40年振りに帰国した元ボクサーの広岡仁一(佐藤浩市)と、偶然飲み屋で出会い、同じく不公平な判定で負けて心が折れていたボクサーの黒木翔吾(横浜流星)。仁一に人生初ダウンを奪われたことをきっかけに、翔吾は仁一にボクシングを教えて欲しいと懇願。やがて二人は世界チャンピオンを共に目指し、“命を懸けた”戦いの舞台へと挑んでいくー。

この度解禁となったキャスト陣には、仁一に恋心を抱いていた、仁一がかつて所属していた真拳ジムの現会長、真田令子役に山口智子。実写映画には『スワロウテイル』(1996年)以来27年ぶりの出演となる。

そして、翔吾の恋人で仁一の姪、広岡佳菜子役に橋本環奈。横浜流星とは初共演。瀬々監督という骨太な人間ドラマの名匠の演出の下、周囲をも明るくさせるオーラを抑えて、影のある役柄に挑む。

さらに、仁一の昔のボクシング仲間で世界チャンピオンをともに目指した、刑務所から出所したばかりの藤原次郎役に哀川翔。同じく昔の仲間で、仁一と翔吾の挑戦を支える佐瀬健三役に片岡鶴太郎。東洋太平洋チャンピオンとして、翔吾の対戦相手となる大塚俊役に坂東龍汰。

映画『春に散る』、2023年全国公開される。
©2023映画『春に散る』製作委員会

関連記事


Page Up