Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【後編】恒松祐里インタビュー! 『リバーサルオーケストラ』&『今際の国のアリスシーズン2』と出演作続々

2023/1/25 18:00

取材・撮影/RanRanEntertainment

 

 095s

 

――Netflixで(昨年)12月22日から配信がスタートした『今際の国のアリス シーズン2』についてもお聞かせください。このシリーズの魅力はどこにあると思いますか?

日常から非日常に連れてこられた主人公たちが、いきなり生死を賭けたゲームに参加させられることで、本当の姿や生き様が見えてくるというのが面白い作品だと思います。

――恒松さんは、その中でヘイヤという役柄を演じていますね。

ヘイヤは、シーズン2から登場する女子高生で、“今際の国”の“げぇむ”のプレーヤーの1人です。生命力があって、人への言葉遣いも強い女の子です(笑)。ただ、悲しみや辛さを乗り越えてきた過去があり、複雑な面も持ち合わせています。片足を失っていて義足と弓で闘うので、新たなビジュアルのキャラクターが出てきたという意味でも楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。

――本シリーズはアクションシーンも見どころの一つだと思いますが、アクションシーンの撮影はいかがでしたか?

 

127s

 

シーズン2はよりアクションシーンが作り込まれていると思います。ヘイヤは義足で左手には弓矢を持っているということもあって、不自由な状態でアクションをしなければならなかったのですごく難しかったですが、アクション部の方たちが考えながら型を作ってくださったので、スムーズにやることができました。撮影前には3ヶ月くらい練習期間をいただいて、アクションの練習を積んでから撮影に臨めたのも良かったと思います。

 

042s

 

――今回の撮影で難しかった、苦労したシーンは?

物語終盤で強大な敵にみんなで立ち向かっていくシーンがあるのですが、そのアクションは一番練習しましたし、一番頑張ったところですので、ぜひ注目していただけると嬉しいです。

 

120s

 

――撮影現場での思い出を教えてください。

ヘイヤは、青柳翔さんが演じるアグニと行動を共にしていて、2人で森の中に潜伏しているという設定だったので、青柳さん以外のキャストさんとはなかなかお会いする機会がありませんでした。なので、他のキャストさんの様子は分からないのですが、青柳さんとは「ポケモンGO」の話で盛り上がりました(笑)。今回、地方でのロケで、自由な時間もあったので、「ポケモンGO」にハマってしまって。お休みの日や時間がある時は、ホテルから散歩がてらあちこち歩いて、ポケモンを捕まえてホテルへ戻るという生活を送ってました(笑)。それで、青柳さんから、お休みの日は何をしているのか聞かれた時に、ポケモンだと答えたら、青柳さんも始めてくださったので、撮影の日には、「昨日は何を捕まえましたか?」というお話をしてました(笑)。

 

035s

 

――それは、共通の話題ができて楽しそうですね!

このシリーズは、その壮大な世界観も魅力だと思いますが、今回のロケは大規模なものだったのですか? 私が関わったシーンも、他のシーンもかなり大規模だったと思います。準備期間も含めて1年くらいこの作品に関わっていましたが、大掛かりだけれども全てにおいて細部までこだわっているのを感じました。ヘイヤが最初に挑戦する“げぇむ”の“かまゆで”は、倒壊したドームから脱出するというものなのですが、そのドームは全て美術さんが作ったセットでした。数日の撮影でしたが、リアリティを求めて細部までこだわって作られていたので、本当にすごかったです。それから、先ほどお話しした、物語終盤のアクションシーンも草や苔が生えた109の屋外セットで撮影しましたが、セットを目の前にしただけで感動するほどリアルなセットでした。

 

016s

 

――改めて本作の見どころを教えてください。

シーズン1はアリスを中心とした物語でしたが、シーズン2からは各キャラクターの生き様やその信念によりフォーカスした内容になっていますので、私が演じるヘイヤを含めてそれぞれのキャラクターにも注目してもらいたいなと思います。ヘイヤの持つ強さが、本作の新しいスパイスになったら嬉しいなと思っています。――ありがとうございました!! ところで、2022年ももうすぐ終わります。改めて、この1年を振り返ってどんな1年でしたか? 盛りだくさんな1年でした。夏には初めてストレートプレイに出演させていただいて、お芝居に対する新たな発見もありましたし、たくさんの役に関われました。俳優の皆さんとの出会いもたくさんありましたし、その出会いを通して色々なやり方を学んだ1年だったので、来年はそれを踏まえて学んだことを生かせる年にしたいと思います。2023年は、『リバーサルオーケストラ』や『今際の国のアリス』など、色々な作品で私を観ていただける機会が増えると思うので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

 

006s

 

――2023年にやりたいことは?

私、任天堂が大好きなので、USJの「ニンテンドーワールド」に行きたかったのですが、まだ行けていなくて…2023年は絶対に行きたいです!

――最後に、改めてファンの方にメッセージをお願いします!

今年(2022年)も1年ありがとうございました。この年末年始は、今際の国のアリス シーズン2』をご覧いただいて、来年は『リバーサルオーケストラ』を楽しんでいただけたらと思います。そのほかにも、色々な役をお届けできると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 

066s

 

ヘアメイク:安海督曜
スタイリスト:武久真理江

 

【プレゼント】
サイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)【前編、後編】の両方の記事を、リツートする。
<応募締切>
2023年2月28日(火) 23時59分

 

319A7073-2-(002)

<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
当選者発表までに少々お時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

<文:嶋田真己・撮影:篭原和也>

関連記事


Page Up