アンドレア・ボチェッリ『情熱のラヴ・ソング』がいよいよ日本発売。

2013/4/2 03:28

世界中で大ヒット中。アンドレア・ボチェッリ『情熱のラヴ・ソング』がいよいよ日本発売。

イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリのアルバム『情熱のラヴ・ソング』が3月27日に日本発売になった。海外の多くの国では2013年1月末に発売されており、全米アルバム総合チャート(BILLBOARD 200)で初登場2位を記録、さらにiTunesでは中南米を中心に世界34か国で1位を獲得するなど、世界的なヒットになっている。

UCCS-1155-2
テノール歌手としてクラシック音楽のフィールドで語られることの多いボチェッリ。この最新作は、現在もっとも有名な音楽プロデューサーであろうデイヴィッド・フォスターがプロデュース。ジェニファー・ロペスやネリー・ファータドなどポピュラー界のスター・ヴォーカリストとのデュエットも実現している。

さらに話題は故人であるエディット・ピアフとの「ヴァーチャル・デュエット」。フランスが生んだ最大の歌姫、エディット・ピアフ(1915-1963)の代表曲「バラ色の人生」をボチェッリとのデュエット・ヴァージョンとしてデイヴィッド・フォスターが仕上げた。ボチェッリは「世界に、フランス語で歌われた偉大な曲の一つであるこの曲を思い出させる時が来たと思った」と最新インタビューで語っている。

「イパネマの娘」、エルヴィス・プレスリーでお馴染み「ラヴ・ミー・テンダー」など、母国イタリアのカンツォーネからフランスのシャンソン、ボサノヴァ、ポップスなどの世界的に有名な“情熱的なラヴ・ソング”ばかりを集めて歌った作品になった。

クラシック歌手としては異例の米グラミー賞新人賞へのノミネート(1999年)、米「ピープル」誌が選ぶ「世界で最も美しい50人」で10位(1998年)、日本武道館の完売公演(2010年4月)など、クラシック歌手、オペラ歌手の枠だけでは収まりきらない成功を繰り返したきた型破りの成功を繰り返してきているボチェッリ。イタリアの歌手が全米アルバムチャート(BILLBOARD 200)で直近の3作品が3位以内を記録しているだけでも異例である。

アンドレア・ボチェッリ『情熱のラヴ・ソング』【SHM-CD】 【CD】

原題:PASSIONE

発売日:2013.03.27

価格(税込) 2,600円

曲目

• 1 ペルフィディア (愛の裏切り)

• 2 ローマよ、今夜はふざけないで

• 3 シャンパーン

• 4 アネマ・エ・コーレ

• 5 キサス・キサス・キサス (with ジェニファー・ロペス)

• 6 すべては予想されたこと

• 7 トリステーザ

• 8 バラ色の人生 (duet with エディット・ピアフ)

• 9 コルコヴァード (duet with ネリー・ファータド)

• 10 故郷の九月

• 11 ポルトフィーノの恋

• 12 イパネマの娘

• 13 マラフェンメナ (悪い女)

• 14 ラヴ・ミー・テンダー

日本のみのボーナストラック

• 15 夜のストレンジャー(イタリア語歌唱)

・ 16 シャンパーン(スペイン語歌唱)

UNIVERSAL MUSIC JAPAN アンドレア・ボチェッリ

http://www.universal-music.co.jp/andrea-bocelli/

関連映像 キサス・キサス・キサス(duet with ジェニファー・ロペス)(音声)

http://www.youtube.com/watch?v=xYz5CiEy5bY&feature=share&list=UUvN4WDikalK5wP-QFE9Zyag

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/xYz5CiEy5bY?list=UUvN4WDikalK5wP-QFE9Zyag” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

関連映像 アンドレア・ボチェッリ バラ色の人生(duet with エデット・ピアフ)

http://youtu.be/4REbp0s_G9w

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/4REbp0s_G9w” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

 

関連記事


Page Up