Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

舞台「俺節」主演:安田章大(関ジャニ∞)

2016/12/8 11:22

安田章大が演歌に挑む!

熱狂的ファンを持つ土田世紀の漫画「俺節」初の舞台化!

舞台「俺節」

web_orebushi1

土田世紀の漫画『俺節』を原作とした新作舞台が、2017年5月~6月にTBS赤坂ACTシアター(東京)、オリックス劇場(大阪)に登場する。演歌歌手を目指す不器用な主人公を演じるのは、関ジャニ∞の安田章大。時にぶつかり合い、すれ違い、傷つきながらも夢に向かう、いまどき珍しいほど熱くド直球な“情”の物語で、先行き不透明で不穏な今を生きる人々に“綺麗事じゃない応援歌”をお届けする!

脚本・演出を手掛けるのは、高校時代から漫画『俺節』のファンで、「いつか舞台にしたいと思っていた」という福原充則。原作の熱量と泥臭い味わいはそのままに、若干設定を変え、コージとオキナワ、テレサの関係を中心に物語を構成する。登場人物たちが劇中で唄う演歌の名曲やギターの生演奏も重要な要素で、大きな見どころ・聴きどころの一つ。ストーリーとともに観る者の胸に沁み入り、“日本の心”といわれる演歌の魅力まで再認識できること必至。日常にある若者の痛みや生活者の哀切を笑いに包み、独特の叙情を漂わせつつ、奔放な発想と展開でポップかつ大胆に見せる福原だけに、舞台『俺節』は、ほかではちょっと見られないような、笑って泣ける熱く濃厚なエンターテイメントになるに違いない。

コージ役を務めるのは、約2年半ぶりの舞台出演となる関ジャニ∞の安田章大。グループでは主にギターとコーラスを担当しているが、プロデューサーと福原が「鳥肌モノ!」と絶賛するその歌唱力にも期待は高まる。テレサ役は、連続テレビ小説『マッサン』でヒロインを務めたシャーロット・ケイト・フォックス。もともと舞台出身で、2015年にはブロードウェイミュージカル『CHICAGO』のニューヨーク&日本公演に主演。日本語での舞台出演は今作が初めて。オキナワ役は、現代劇から時代劇まで様々な役柄で活躍する福士誠治。舞台経験も豊富で、この12月には下北沢で演出家デビューも果たす。また、ダンディな魅力でシリアスな役柄からコメディまで幅広く魅せる西岡德馬が演歌歌手の大御所を演じ、近年『相棒』シリーズや鉄道関連の映像作品で人気を集め、自身でアコースティックバンドも組んでいる六角精児がギター片手に流しの歌手を、狂気を秘めた破天荒な役柄を得意とする劇団「猫のホテル」の中村まことがストリップ小屋の支配人ほかを演じる。さらに「劇団☆新感線」の看板女優であり、自身のプロデュースユニット「月影番外地」でも福原充則作品を上演している高田聖子が、かつて一度だけ売れたアイドル歌手とストリッパーのリーダーの二役で、「劇団KAKUTA」を主宰し、脚本家・演出家としても活躍する桑原裕子がストリッパー役などで出演。華と実力はもちろん、個性と音楽性とコメディセンスまで兼ね備えた頼もしい顔ぶれが揃った。

【漫画「俺節」とは?】
「俺節」(おれぶし)は、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1991年から1993年にかけて連載された土田世紀(1969‐2012)の漫画。青森県津軽出身の高校生・海鹿耕治(あしかこうじ)が単身上京し、演歌歌手を目指して奮闘する涙と感動の青春群像劇で、若者たちの愚直なまでの情熱、愛と友情、苦悩、焦燥感が、それを象徴するような演歌の歌詞とともに濃厚なタッチで描かれ、人気を博す。ちなみに作中の海鹿耕治のデビュー曲「俺節」は、土田の詞で実際にCD化され(歌:小林ひさし)、作曲・プロデュースをした北島三郎は、コミックスの表紙などに使用された「俺節」の題字も手掛けている。

【あらすじ】
演歌歌手を目指して青森から上京したコージ(安田章大)。抜群の歌唱力を持っているらしいが、気弱であがり症なばっかりに、いざ唄うとなると緊張してまともに唄えない。しかし、演歌に対する思いだけは、煮えたぎるように熱い。その熱に感化されたのか、お調子者のギター弾き・オキナワ(福士誠治)は、根城とするドヤ街・みれん横丁へとコージを連れて行く。そこでコージは偶然、ヤクザに追われているテレサ(シャーロット・ケイト・フォックス)と出会うことに。彼女は不法滞在中のストリッパー。コージの演歌は、彼女への思いが募るほどに加速する。やがて、飲み屋街で流しの演歌歌手として修行を始めたコージとオキナワは、コンビで演歌界デビューを果たそうと、アマチュアコンテストへの出場を繰り返す。そんな中、デビューの話が持ち上がるが、そこには「コージ一人で、ソロ歌手として」という条件があった……。

【原作】土田世紀
【脚本・演出】福原充則
【出演】安田章大、シャーロット・ケイト・フォックス、福士誠治、六角精児、高田聖子、桑原裕子、中村まこと、西岡德馬他
【東京公演】
日程:2017年5月28日(日)~6月18日(日)TBS赤坂ACTシアター
お問合せ:キョードー東京0570-550-799主催:TBS/キョードー東京/イープラス
【大阪公演】
日程:2017年6月24日(土)~30日(金)オリックス劇場
お問合せ:キョードーインフォメーション0570-200-888主催:MBS/サンライズプロモーション大阪
チケット一斉発売日:2017年3月18日(土)
チケット料金:S席11,000円A席9,000円(全席指定・税込)
公式サイト:http://www.orebushi.com

関連記事


Page Up