Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演:石黒英雄 舞台「黒薔薇アリス」制作発表

2017/2/2 10:36

主演:石黒英雄、ヒロイン:入来 茉里

舞台「黒薔薇アリス」制作発表

原作者の水城せとなサプライズ来場

WEB_01s

5月12日(金)から21日(日)までZeppブルーシアター六本木にて上演が決定している舞台「黒薔薇アリス」の制作発表が、2月2日(木)に行われた。

都内の築80年を越えるゴシック様式の歴史ある西片町教会には、報道関係者のほかにファンの中から抽選で選ばれた50名のレビュアーが出席した。また、原作者の水城せとながサプライズ来場し、キャストたちに舞台への期待をコメントした。

舞台「黒薔薇アリス」は、水城せとな(「失恋ショコラティエ」「脳内ポイズンベリー」など)の人気コミック「黒薔薇アリス」(小学館 刊)の初舞台化作品となる。

制作発表に登壇したのは、主演の石黒 英雄(いしぐろ ひでお)、ヒロインの入来 茉里(いりき まり)、秋元龍太朗(あきもと りゅうたろう)、杉江大志(すぎえ たいし)、柏木佑介(かしわぎ ゆうすけ)、劇団番町ボーイズ☆の野嵜豊(のざき ゆたか)、名塚佳織(なづか かおり)、演出のキムラ真(きむら まこと)の8名。

石黒英雄[ディミトリ・レヴァンドフスキ役]
「『黒薔薇アリス』という素敵な作品に演出家のキムラ真さんをお迎えし、に(赤澤ムックさんに)素敵な脚本を作っていただいて、とてもよい舞台になると思います。今日初めてお会いするキャストの方もいらっしゃいますが、初めてとは思えないほど楽しくお話ができました。観に来てくれたお客さまに強烈な印象を与えて、後悔させない舞台にしていきたいと思っています。一人でも多くの方に劇場に足を運んでもらえるようにチーム一丸となって、最高の舞台にしていきたいと思います」

入来茉里[アリス/アニエスカ役]
「ヒロイン役の立場では、主役の方や他の男性陣のキャストをよりかっこよく見せられるかを気にしながら演じていくんですが、台本を読ませていただき、キャラクターもはっきりしていて、とても面白く、私の好きな世界観なので今からとても楽しみです

キムラ真[演出]
「原作を読んで、水城せとな先生の深い愛を感じました。そして愛についてすごく考えました。この愛をどう伝えようか。恋愛ではなく、生涯をかけて成就する、達成する愛ってどんな気持ちなのかな、どう伝えればいいのかなって思いました。愛についてとても考えさせられる、共感できる作品だと思っています。
さきほどキャストの皆さんに挨拶をしたときに、“みんなの代表作にします!”と言いました。楽しみにしていただきたいと思います」

水城せとな[原作]
「さきほど(キャストの)皆さんと初めてお会いしました。私の作品は、これまで映像化でドラマや映画はあったのですが、舞台化は初めてです。映像ですと最終的にいろいろ編集を加えて作品になるんですが、舞台となると生身の皆さんがお客様の目の前で演じる、という作品になるので、ドラマや映画に比べて、もっと皆さんの人間力で勝負するところが大きいのかなと思うんです。私の漫画が舞台化できるのかなと思っていたのですが、皆さんにお会いして、お一人お一人が真剣にキャラクターの気持ち、人間性、背負っているものなどを感じ取ってくださっていて、漫画ではキャラクターに関して全部を描いているわけではないのですが、描かれていない部分をお一人お一人が愛情をもって感じ取ってくださると思うので、どういう形で舞台作品になるのか、演出やスタッフの皆さんの力でどういう作品になるのか、私は完全に観客の一人としてできあがりを楽しみにしています。皆さまの熱意と才能にお預けするかたちで、皆さんと一緒に開幕の日を待ちたいと思います」

WEB_02s

ディミトリとアリスのビジュアルが初披露された。
石黒「アリス、いいですよねー。素敵です。アリスのまんまですよね。
撮影中は、お互いにこうしたほうがいいんじゃないかといいながらやっていて、非常にやりやすかったです。舞台の稽古や本番もこういうふうにいけるんじゃないかと自信がつきましたね」

入来「この写真以外にも、もっと接近した写真もいろいろ撮っていたので、この状態になるのも躊躇することはなかったです。石黒さんが右手をどこに置いたらいいのかわからないって言うので、お尻にどうぞって(笑)」

石黒「誤解を招くよ(笑)。俺が入来さんのお尻に(手を)置いたってニュースになっちゃうよ(笑)」

本日の制作発表では、2パターンのキービジュアルが解禁されたが、来週以降、毎週火曜日に各キャラクターのビジュアルが、舞台「黒薔薇アリス」の公式サイトで発表される。

0903princess-2s

【公演概要】
■公演タイトル 舞台『黒薔薇アリス』
■公演日時 2017512日(金)~5月21日(日) 全14
■会場 Zeppブルーシアター六本木(東京都港区5-11-12
■原作 水城せとな(「黒薔薇アリス」小学館刊)
■演出 キムラ真
■脚本 赤澤ムック
■音楽 三枝伸太郎
■出演者 石黒英雄 入来茉里 秋元龍太朗 杉江大志 柏木佑介 
     野嵜豊(劇団番町ボーイズ☆) 藤原亜紀乃 蜂谷晏海 名塚佳織 
■ 料金 静寂館シート…\8,500(税込)
     S指定席・・・・・・・・・・・・\6,500(税込)
     A指定席・・・・・・・・・・・・\4,500(税込)
     ※未就学児の入場不可。

◆一般発売 2017 34日(土) 1000
【チケットぴあ】(Pコード:456-578)
WEB受付≫http://w.pia.jp/t/kurobara/

≪電話受付≫ 0570-02-9922 (発売日初日のみ10002359Pコード不要)
3/5()〜 0570-02-9999 ※Pコード必要

≪店頭受付≫
チケットぴあ店舗/セブンイレブン店内『マルチコピー機』
サークルK・サンクス店内『Kステーション』にて直接購入
【ローソンチケット】(Lコード:34069) 
WEB受付≫http://l-tike.com/kurobara/
≪電話受付≫発売日特電:0570-084-636(発売日初日のみ(10:0023:59)Lコード不要)
3/5(日)~ 0570-084-003※Lコード必要

      0570-000-407※オペレーター対応
≪店頭受付≫ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入
【イープラス】 
WEB受付≫http://eplus.jp/kurobara/
≪店頭受付≫ファミリーマート設置『Famiポート』にて直接購入
Zeppブルーシアターチケット】
WEB受付≫http://www.blue-theater.jp/
≪電話受付≫03-5414-325510001800) 
【カンフェティ】
WEB受付≫http://www.confetti-web.com/kurobara/

主催:舞台「黒薔薇アリス」製作委員会/Zeppブルーシアター六本木運営委員会
製作:CORNFLAKES/ぴあ/TOKYO MX
後援:beachwalkers.
協力:小学館

コピーライト(C):水城せとな/「黒薔薇アリス」小学館フラワーコミックスα/舞台「黒薔薇アリス」製作委員会
公式サイトURLwww.cornflakes.jp/kurobara/

関連記事


Page Up