【後編】時任勇気インタビュー! ドラマ『24 JAPAN』に出演中 「ひとつひとつの小道具までこだわって選んでいる」マイロに注目!

2020/11/13 12:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

00083s

――時任さんご自身のことについてもお話を聞かせてください! まずは、俳優を目指したきっかけは?

家庭環境もあり、芸能界は他の方々より身近だったので芸能界がどういう世界なのかということは小さい時から意識はしていました。ただ、自分に自信が持てないところがあってチャレンジせずにいたんです。大学に進学して、卒業後の将来を考えたときに、チャレンジせずにやめてしまうのは悔しいと思ったんです。何をするにしても、1回芸能界にチャレンジしてみてから考えたかった。自信をつけるために、体重を13キロ落として体を鍛えて…と形から作っていきました。

00062s

――そうして俳優の仕事をスタートして、どんなところにやりがいや楽しさを感じて続けているのですか?

自分ではない誰かを演じるというのは日常生活にはないことなので、やはりそれが最大の楽しさだと思います。役の気持ちを考えながら作っていく中で、自分とは全く違う考え方に出会ったり、発見があったりします。そうして作ったものが本番でうまくいったときやぴったりハマった時にはやっぱりすごく気持ちいいですし、楽しいです。

――印象に残っているお仕事は?

どの作品も僕には大事な経験でしたが、NHKEテレ「おもてなしの基礎英語」のドラマパートにレギュラーで出演させていただいたことは特に印象に残っています。僕は海外で生活していたことがあったので、芸能界の仕事を始めるときに英語を活かせたらいいなと思っていたのですが、この番組はまさに英語が話せることを活かせるものでした。番組内では英語で演技をしたのですが、それもすごく新鮮で、1年の番組出演を通して、自分の中で少しずつ手応えを感じられるようになりました。

00118s

――海外生活は、どれくらいの期間していたのですか?

合計8年くらいです。

――英語でも演技ができるというのは、俳優としても幅が広がりますね。

そうですね。活かせるところは活かしていきたいですし、それで仕事の幅が広がるのは本当に嬉しいことだと思います。

00104s

――今後、役者としてどんな作品に出演したいですか?

映像作品には、その国の文化が出ると思うので、そういった文化が感じられる作品に出てみたいです。学園ドラマや恋愛ドラマ、殺人ミステリーには特に日本の文化が反映されているように思います。例えば、海外ならば銃が身近なので、銃で一発撃って終わってしまいますが、日本では銃で殺すというのは現実離れしている。なので、どういう工夫をして罪を犯すのかということが描かれています。そういった殺人ミステリーは日本ならではで興味深いので、そういう作品にも出演してみたいです。

――面白い視点ですね。確かに、学園ドラマも恋愛ドラマも殺人ミステリーも、日本独特の考え方や文化が色濃く反映される作品ですね。ところで、先ほど、デビュー前にトレーニングをしたという話がありましたが、スポーツはもともと得意なんですか?

苦手ではないと思います。野球を一番長くやっていてその他、バスケ、サッカー、ホッケー、バレーボール、卓球など一通りはやりました。ただ性格上、熱しやすくて冷めやすいので、ある程度やったら満足してしまい…何かをずっと続けたわけではないですね(苦笑)。

00102s

――筋トレは日常的に行っているんですか?

以前はみっちり週5でやっていたのですが、今はペースを落としています。始めた頃は自分の体が変化していくのが楽しいのですが、それがだんだんと落ち着いてくると楽しさが減っていくように感じて…でも、やめたくはなかったので、継続できるように無理のない範囲で続けています。

――では、お休みの日や時間があるときは、どんなことをして過ごしていますか?

最近はマーベル映画を観たり、「人狼ゲーム」を観たりと、パソコンの画面を見つめていることが多いです(笑)。

00119s

――マーベルの中では、どの作品が好きなのですか?

キャラクターと言われたらどれも好きで選べないですが、作品としては『キャプテン・アメリカ』が面白かったです。『マイティ・ソー』のような宇宙を舞台にした壮大な物語よりも、『キャプテン・アメリカ』のような現実にもありそうな話の方が親近感が湧くので、僕は好きです。

――では、俳優としてはどんな俳優が目標ですか? 例えば、10年後の自分はこうなっていたいというような具体的な目標はありますか?

どうしてもこれをやりたい、というものがはっきりとあるわけではないです。これまでも、流れに乗ってあるがままにやってきた人生なので、フィーリングを大切にして生きたいという思いがあります。もちろん目標を持つことは大切だと思いますが、人生の波を読んで、ここぞというときは本領発揮したいなと思います。

00100s

――枠を決めず、興味を持てるものには何でも挑戦ししていこうというスタンス?

そうですね。「何でも1回は経験してみる」をモットーとしているので、どんなことにも挑戦してみたいと思っています。経験したことで初めて見える世界や言える意見もあると思います。もちろん1回経験しただけで全てが分かるわけではないとは思いますが、例え嫌なことだったとしても、1回は味わってみて具体的に何が嫌だったのか言えるようにしておきたいです。たくさんのことを経験させていただく中で、自分に合うものが見つかればいいなと思います。

00110s

――ありがとうございました! 改めてファンの方にメッセージを。

『24 JAPAN』で僕のことを初めて知ってくださった方もいると思います。ぜひ、マイロといった個性豊かなキャラクターを通して少しでも僕に興味を持ってくれたら嬉しいです。

 

#7-1 094s

#7-1 195s

© 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

『24 JAPAN』
2020年10月9日(金)よる11 時15分スタート
※一部地域を除く (全24話)
番組公式ホームページ:https://www.tv-asahi.co.jp/24japan/
番組公式Twitter:https://twitter.com/24japan_tvasahi
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/24japan_tvasahi/
ABEMA(アベマ) :https://abema.tv/
TELASA(テラサ) :https://navi.telasa.jp/


 

9J9A0650-2a

プレゼント
ランランエンタメではサイン入りチェキを1名様にプレゼントいたします!どしどしご応募ください。

<応募方法>
1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする。
2)記事・プレゼント告知ツイートをリツイートする (前編、後編両方リツートする)
3)ダイレクトメッセージで申し込む
   ①時任勇気さんチェキ希望
   ②お名前
   ③ご住所
   ④ご年代
   ⑤ご意見ご希望


 <応募締切>
2020 1214日(月)2359


 <当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。


 <ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。


 <商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。


 <注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。


 (文:嶋田真己/写真:篭原和也)

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up