【後編】泉澤祐希インタビュー Huluオリジナル「THE LIMIT」第5話『切れない電話』出演!「岩崎う大(かもめんたる)さんの脚本めちゃめちゃ面白かったです」

2021/4/10 12:15

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

20210313_YukiIZUMISAWA-196s


――洋介は物語の中で追い詰められていくわけですが、泉澤さんは追い詰められた経験はありますか?


3.11ですね。当時は浦安に住んでいて、高校生だったのですが、新浦安の方に学校があったんです。液状化がひどくて、外に出ていても、地面がずっと別々に動いているというか、水が噴き出していて、その時は本当に命の危機を感じました。

――そういう時の行動というのは?

逃げるしかできなかったです。建物の中に友達といたんですけれど、みんなどうしたらいいかわからない状態になってしまって、みんなで一斉に外に出ました。手を繋いで、「やばいやばい」と言って、「死ぬときは一緒に死のう」とか、そういうレベルでした。

 

20210313_YukiIZUMISAWA-183s


――そういった極限を経験して、人生観が変わったということはありましたか?


変わりましたね。それまで、地震って別に気にもしなかったのですけど、防災グッズというのか、着替えとか水とかをリュックに入れていつでも出られるように準備し始めました。

 

20210313_YukiIZUMISAWA-189s


――大橋洋介は電話に出てしまう選択をしたことで物語が展開していきますよね。泉澤さんにとって、この選択は大きな選択だったな、ということはありますか?


役者をやるって決めたことですかね。それが一番大きいかなと思います。それまで特に続ける気はなかったので、何か普通の仕事に就いて普通に暮らすのかなと思っていたんですけど、大学の時に、俳優でいくって決めた時が一番大きな選択です。

――何かきっかけがあったのですか?

『東京が戦場になった日』というNHKの終戦ドラマで、オーディションに受かりで主演をいただいて、その撮影をしている時に面白いなと思って決めました。

 

20210313_YukiIZUMISAWA-195s


――ところで、今日は金髪にしていらっしゃいますが、これは何かきっかけがあったのですか?役のために変えられたのでしょうか?


結果的に役でやることにはなったのですけれど、もともとは事務所にも黙ってやりました。撮影が終わってしばらく次の仕事まで空くということになっていたので、いきなり染めちゃおうかなと思ったのです。ちょっと自分に飽きてきたので変えてみようと思って、金髪というか白にしたんです。今は、落ちちゃって金髪になっているのですが。自分に飽きたというのがきっかけですかね。

――俳優業もそうですが、個展などもされて、いろいろと挑戦されていらっしゃいますね。

個展というか洋服なんですけど、洋服はもともとやりたかったんです。俳優をやっていなかったら、服の仕事をやろうと思っていて、これはずっと夢だったので。やりたいことは基本やる!というのが自分がずっと持ち続けているものなので、何か欲しいとかやりたいと決めたらそれに向かって進んでいます。

 

20210313_YukiIZUMISAWA-140s


――最近やってみたいことはありますか?


スカイダイビングをやりたくて。何か人生観が変わるってよく聞くので、ちょっと気になっています。

――行く予定があるのですか?

今は行けないですからね。竜神大吊橋バンジージャンプとか、そういうのでもいいのかなと思うのですが、生きているうちにスカイダイビングをやりたいですね。

――少し変えたいというお気持ちがあるのでしょうか?

刺激が欲しいんですかね。常に刺激を求めてしまう、飽き性なんですよね、きっと。この仕事もそうなのですけど、毎回違うことをするじゃないですか。だからそういう変化が常に欲しくて、求めているのだと思います。

 

20210313_YukiIZUMISAWA-147s


――最後に、ドラマの見どころも含めて皆さまにメッセージをお願いします。


1シチュエーションでずっと長回しする部分も多くて、人が窮地に追い詰められた時にどういう行動をとるのか、思っていたことじゃない方向にどんどん突き進んでいく、人物の変化をわかりやすく描いています。自分だったらこうするな、というふうに観ていただければ面白いのではないかなと思います。ぜひ、ご覧ください。

――ありがとうございました。

20210313_YukiIZUMISAWA-124s

前編~https://ranran-entame.com/dorama/76145.html

 

Huluオリジナル「THE LIMT」
Huluにて毎週金曜、新エピソード配信中(全6話)
(※通常配信に加え、4K UHD/HDR/5.1chでも配信)
脚本:玉田真也(第1.2.4話)、岩崎う大(第3.5話)、荻上直子(第6話)
監督:賀内健太郎(第4.5話) 吉田真也(第2.3話) 中嶋駿介(第1.6話)
出演:
第1話「ネコと井戸」伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰
第2話「タクシーの女」門脇麦 古川琴音
第3話「ユニットバスの2人」細田善彦、岩崎う大(かもめんたる)
第4話「ベランダ男」 岡山天音
第5話「切れない電話」泉澤祐希、岩松了、夏子
第6話「高速夜行バス」浅香航大、木野花
制作プロダクション:博報堂プロダクツ
製作著作:HJホールディングス
公式HP:https://www.hulu.jp/static/thelimit/

【あらすじ】
第5話「切れない電話」
大橋洋介(泉澤祐希)は、4つ年下の綾子(夏子)と2週間前に付き合い始めたばかり。喫茶店で楽しくデートをしていると、携帯電話に非通知の着信が入る。洋介が着信を無視しようとしたことで、不穏な空気が流れ出す。不信に思った綾子に促され、洋介が電話に応対すると、発信者は見知らぬ女性だった。狼狽する洋介は、綾子に浮気を疑われ、振られてしまう。自殺志願者のその女性は、適当な番号に電話をかけていた。相手が出てくれたら、死ぬのを思いとどまっているのだという。困惑する洋介に、その女はゲームを持ちかける。喫茶店のマスター(岩松了)に「警察呼びますよ」と言わせたら洋介の勝ちで、洋介が負けたら女は手首を切って死ぬという。自身の命を人質にとった女の指令は、どんどんエスカレートし、切りたいのに“切れない電話”は洋介を追い込んでいく。

 

9J9A4999-2s

【プレゼント】
サイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)【前編、後編】の両方の記事を、ツイート後にダイレクトメッセージで申し込む
(3)
①ご希望なさる方のお名前をお書きください。
②お名前
③ご住所
④ご年代
⑤ご意見ご希望
を書き頂きご応募下さい。
<応募締切>
2021年  5月31  日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
当選者発表までに少々お時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

文:高橋美帆/写真:早川善博

関連記事


Page Up