【前編】浅川梨奈&飯島寛騎インタビュー! Huluオリジナル「悪魔とラブソング」にW主演「歌の練習で心が折れそうな時、飯島さんがピアノを弾いている動画を見て頑張りました」

2021/6/19 15:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

浅川梨奈、飯島寛騎W主演、Huluオリジナル「悪魔とラブソング」(全8話)が、6月19日(土)からHuluにて一挙独占配信される。本作は、少女マンガ誌「マーガレット」とオンライン動画配信サービスHuluがタッグを組み誕生した恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」の第2弾で、原作は桃森ミヨシの同名マンガ。美しい歌声と美貌を持ちながらも常に本音を話してしまう飾らない性格がゆえに周囲から孤立し「悪魔」と呼ばれている可愛マリア(浅川梨奈)が転校先で目黒伸(飯島寛騎)、神田優介(奥野壮)らと出会い、彼らを感化しながら自身も成長していく姿を描く。W主演の浅川梨奈と飯島寛騎に撮影前の歌とピアノのレッスンの様子や作品への思い、撮影エピソードを聞いた。


0057s


――出演が決まった時のお気持ちからお聞かせください。


浅川:マンガ原作のものをやらせていただくことが多いのですが、学園ものは数えるほどしかやったことがなかったんです。ずっとやりたいと言っていた学園もので、しかも恋愛作品だったので、嬉しいなと思ったのと同時に歌を歌うのでちょっと大丈夫かなという不安もありました。共演経験がある方もいなかったのでいろいろと不安と期待が混ざっているような感覚でした。

飯島:僕は恋愛ものの主演をやるのが初めてだったので、やっとできる、やったぜ、という感じでした。報われるのかな?報われないのかな?という主人公らしくいようという楽しみがありましたね。今回、ピアノに触れる役どころだったので、そういった面ではやらなきゃいけない使命感がありました。作品を背負う主演としての責任感を持って、知らない世界に飛び込むことにワクワクしていました。浅川さんが、歌をすごく頑張っていたのは知っていたので、お互いを高められたなぁと思いました。


0062s


――原作マンガを先に読まれたのでしょうか?


飯島:そうですね。脚本が上がってくる前に読みました。一つ一つのシーンで表情が繊細なキャラクターが多かったので、細かくやればこれはきっといい作品になると入る前から感じていました。みんなができるためには僕らが先導していかなければいけないという使命感がもちろんあったので、極端にプレッシャーを感じていたわけではないのですが、やらなくてはいけないと感じていました。

浅川:原作があるものは、その原作のファンの方々がいらっしゃるので、本作も10年前の作品とはいえ根強いファンの方がいて、当時は子供だった方が同世代ぐらいだと思うので、そういう方々が実写ドラマを観た時に「悪魔とラブソング」は、こういう形もあるんだと思ってもらいたい気持ちがありました。入る前にスタッフさんに「マリアの歌と目黒のピアノがしっかりしていないと作品が成り立たないから」とプレッシャーを鬼のように掛けられていたので(笑)、頑張りました。


 0039s


――撮影が始まる二ヶ月ぐらい前からボイストレーニングをされていたそうですね。


浅川:私は本当に歌が苦手で自信が無くて、一回一回のレッスンを死ぬ気でやっていました。レッスンのたびに同時期にピアノのレッスンをしていた飯島さんの様子を動画で見せていただいたのですけれど、飯島さんのピアノの上達のスピードが早過ぎて、一回も(ピアノに)触ったことが無い人とは思えないぐらい弾けていて。「すみません、その映像データを頂けますか」とお願いして、家で練習していて心が折れそうな時に、携帯で飯島さんがピアノを弾いている映像を見て、飯島さんがこれだけ頑張っているんだから自分もやらなきゃと思わせてくれました。

 飯島:僕はピアノに触れたことがなかったので、楽しかった。(笑)

ピアノの先生がせっかちで、僕もせっかちなので、極端に早いスピードでできたんですよ(笑)。

浅川:凄く早かった!

飯島:本来なら「これは明日でいいよ」という部分も、パパパーっと「やっちゃおう」と。まず機械的に押す場所の感覚やペダルの使い方を覚えていって、そこから音に感情を乗せるとか、ここの音はこういう音色を出したいなとか、例えば色で言うとここは青だけど、こっちは緑でいきたいという、そういう五感、インスピレーションで弾いていきました。浅川さんもすごく上達が早いなと思っていたので、その歌っているレッスン動画を見て、僕がリズムを合わせる練習もしました。テンポをいくらで演奏するか、レッスンはこうだけど、実際に演奏する時にはこれぐらいのテンポの方がいいかもねと、細かい話もしていたので早かったと思います。


0067s

0071s


――飯島さんは、ピアノは全く初めてでワクワクしたとおっしゃっていたのが印象的でした。新しいことに挑戦することがお好きなのでしょうか?


飯島:比較的好きですね。人生一回しかないので。いろいろやっていきたいです。


0088s

0110s


――皆さんとの顔合わせはレッスンの後だったのでしょうか?


飯島:顔合わせはリモートでした。

浅川:マリアは、役柄的にできるだけ皆さんと会わない方がよいのではないかという事で、本読みも代役を立てて一人でやりました。皆さんが本読みをやったと聞いて、あぁそうなんですねっていう感じでした(笑)。

飯島:そうだね(笑)


 0036s

後編~


Hulu オリジナル「悪魔とラブソング」

2021 年 6 月 19 日(土)から Hulu で一挙独占配信開始【全 8 話】
原作:桃森ミヨシ 「悪魔とラブソング 新装再編版」(集英社愛蔵版コミックス刊)
監督:横尾初喜
脚本:吉田恵里香 おかざきさとこ 蛭田直美
出演:浅川梨奈 飯島寛騎 奥野壮 小野花梨 山之内すず 吉田志織
音楽:上田壮一
主題歌:FAKY「Take my hand」(rhythm zone)
プロデューサー:大野哲哉 岡宅真由美
制作協力:アバンズゲート
製作著作:HJ ホールディングス
©桃森ミヨシ/集英社・HJホールディングス
公式サイトhttps://www.hulu.jp/static/akulove/

【作品あらすじ】
県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川梨奈)。彼女は共学校十塚南高校に転校するが、まっすぐすぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり感情を表したりしてきた。
しかし、クラスメートの目黒伸(飯島寛騎)や神田優介(奥野 壮)たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ…。さらには、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。
目黒が抱えるピアノに対するコンプレックス、それぞれの嘘、トラウマ、虚勢、うわべだけの友情…素直に生きられないクラスメートたちの赤裸々な感情が見え始める。
そんな中、クラスで合唱コンクールへの参加の話が持ち上がる。

 

9J9A5004-2s

【プレゼント】
サイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)【前編、後編】の両方の記事を、ツイート後にダイレクトメッセージで申し込む
(3)
①ご希望なさる方のお名前をお書きください。
②お名前
③ご住所
④ご年代
⑤ご意見ご希望
を書き頂きご応募下さい。
<応募締切>
2021年  月  日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
当選者発表までに少々お時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

関連記事


Page Up