永田崇人&中谷優心による「nagatani first acoustic live お茶漬けの回」ライブレポート

2020/12/30 23:38

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

芸能事務所・キューブ所属の、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」や「モトカレマニア」、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』に出演している俳優・永田崇人と、TBSのオーディション番組「Sing! Sing! Sing!」で2ndシーズンのグランプリに輝き、演劇『ハイキュー!!』に出演するなど俳優としても活躍しているアーティスト・中谷優心によるシンガーソングユニットnagatani。今年の2月には初のオリジナル曲『寝不足』の配信を行うなど、音楽活動も注目の二人。
そんなnagatani初となるワンマンアコースティックライブ「お茶漬けの回」が2020年12月29・30日に東京都渋谷区にあるCBGKシブゲキ!!にて開催された。

 

68B9E2AA-9129-4158-9D77-A65787C2AF94s

軽快なギター・ミュージックが流れる会場は、BGMに劣らない愉快な足音が響く。その手にはnagataniのライブグッズが握られ、控えめだが、とても楽しそうな声が聞こえ、開演前のワクワク感溢れる雰囲気は、会場に足を運んだ観客のみが味わえる特権だ。

 

C68B209A-BE9B-4E35-84A6-A57696F9DE33s

間もなくライブが開幕。1曲目は二人のオリジナル曲『寝不足』のアコースティックバージョン。サビの始まり「好き」の歌唱とともに二人が登場。穏やかで切なげな透き通った永田の声で、ステージが幕を開けた。続く中谷の歌声は優しく、安定して爽やかに響く二人のハーモニーが、会場をゆっくりと確実に染め始めた。曲の後半につれ、ステージ後方から差し込む眩しい光がnagataniの輝きを表すかのように、観客の目を眩ませた。

 

E4EE42DF-F90F-44E3-910B-D56348EC68F3s

396E2A58-6562-4F9E-B53D-F05C4CD531ACs

2曲目は、シンガーソングライターあいみょんによる『愛を伝えたいだとか』。ミステリアスな雰囲気と、鋭く人間に入り込む独特な歌詞に、nagataniのエッセンスが加わり、まるで初めて聴く曲かのように会場の雰囲気を変えた。

 

7768453C-E573-4262-9B1E-4651870F9E26s

ライブのために制作したとされる『やきもちbusy』は、賑やかなサウンドに切なげなメロディをのせて、片想いに耽る男子の淡い恋を描いた新曲だ。女性ファンの多かった会場であるが、この歌はある意味で全ての恋する人に刺さる楽曲であった。nagataniの楽曲は細やかな情景が歌詞に表されるが故、聞き手の想像力をかなり掻き立てる。この歌を聴きながらデートの準備をする、そんな人に愛しさを感じずにはいられない。恋をする側もされる側も、その情景に笑みが溢れそうな一曲であった。

 

619A64A3-DDE1-4335-9113-FCE6AB0BEA9As

ステージは駒を進め、トークは二人のソロ曲に関する話題へ。「今日はお互いの曲を、交換してやってみようと思います」そんな中谷の言葉で、ソロコーナーが始まった。まずは中谷による『愛を確かめるキスをしようぜ…』。サポートメンバー松本ジュンの軽快なピアノ演奏により披露され、サビになると永田によるハモリも加わり、ディスコ・パーティーかのようなポップでクールな雰囲気を演出していた。続く永田は、中谷のオリジナル曲『アボカドとハチミツ』を披露。「この曲は優心にぴったりの曲だと思う」と語っていた永田だが、繊細な表現で丁寧に歌い上げ、観客の感動も最高潮に達した。

 

16738567-7C76-4000-AF57-BE723EA63343s

本編10曲を歌い終え、「良いお年を!」とステージを後にする二人。しかし二人が舞台から消えてもなお、会場の拍手は止まない。消えない拍手は手拍子へと変わり、会場は一体となった。そんな観客の期待に応えるように、ライブTシャツに着替えた二人が再びステージへ。ファンへ想い込めて、C.I.A.でおなじみの『お揃いの一日』を歌唱。「次が本当に最後の曲です。ぜひ覚えて帰って欲しいので、もう一度」と、永田の一言で演奏されたのは、本公演2回目の披露となるオリジナル曲『やきもちbusy』。二人の狙い通り、この曲は観客の胸に再度、確かに刻まれた。

 

66C72574-8A0D-476E-850A-9A62C18784F8s

0A813179-88B0-48FC-A248-358B0F9A26E4s

「お茶漬けの回」はnagataniにとって初のワンマンアコースティックライブだが、かなり熟された二人の実力が発揮されたライブであった。アコースティックとだけあり構成はとてもシンプル。今後二人にどんな脚色が加わろうと、nagataniは独自の色を持ち続け、さらなる表情を見せてくれるだろう。それぞれが強くしっかりとした色を持つ二人。その二色が交われど、決して濁ることなく綺麗で新しい色を創り上げた。

また、本ライブは‟LINE VIEWING”により配信が行われ、会場に足を運べないファンも楽しめる。3公演ともアーカイブ視聴期間は 2021/01/11(月) 23:59 まで配信されているので、気になる方はお見逃しなく。このライブに参加した全てのファンが、彼らの新しく懐かしい一面に心を揺らしたことは間違いないはず。波乱の2020年は、二人の歌声により、素晴らしく優しい雰囲気で締めくくられた。2021年のnagataniからも目が離せない。

 

12A4CCFC-C04C-4F38-A4CC-621232ABA045s


セットリスト

01.寝不足
02.愛を伝えたいだとか(SONG by あいみょん)
03.SWEET MEMORIES(SONG by 松田聖子)
04.ドライフラワー(SONG by 優里)
05.やきもちbusy
06.愛を確かめるキスをしようぜ…(中谷さんソロ)
07.アボカドとハチミツ(永田さんソロ)
08.みかんハート(SONG by C&K)
09.冬が始まるよ(SONG by 槇原敬之)※日替わり
10.snow sugar
――encore--
11.お揃いの1日(C.I.A.)
12.やきもちbusy

公演概要
nagatani first acoustic live「お茶漬けの回」
2020年12月29日(火) 19:00公演
2020年12月30日(水) 13:00公演 / 17:00公演
会場:CBGK シブゲキ!!

【C.I.A 公式HP】
https://cia.cubeinc.co.jp
配信チケットの購入はこちらから
https://viewing.live.line.me/liveg/249
全公演、アーカイブ視聴期間は 2021/01/11(月) 23:59 まで

グッズの購入はこちらから
https://store.cubitclub-plus.com
販売開始日の情報はC.I.A.公式サイトにて告知されますので要チェック。

【公式Twitter】
永田崇人:@27Takato
中谷優心:@kindheartyou

 

(文・木村ヒカル/撮影・渡辺美知子)

 

関連記事


Page Up