ふぉ~ゆ~越岡裕貴主演舞台「ッぱち!」開幕! 「こっしゃんさん」連発の関西魂・室龍太と息ピッタリの漫才会見

2021/5/14 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)主演する舞台「ッぱち!」が5月13日より東京都・博品館劇場にて開幕し、開幕直前のゲネプロがマスコミに向けて公開され、越岡の他、作・演出を手がける霧島ロックと主要キャストの室龍太(関西ジャニーズ Jr.)がその後の取材会に登壇した。

 

記者会見2s

左から: 室龍太、 越岡裕貴、 霧島ロック


やられた!テンポのいい関西の笑いの掛け合いを楽しんでいたら、不意打ちのように最後に「ほろり」とさせられた。心がじんわりと温かくなる舞台。それが「ッぱち!」だ。演出の霧島ロックが「キラキラ輝いていて、稽古場に現れたときから太陽のような」と表現した二人だが、この舞台ではジャニーズのキラキラ感を封印して越岡は飄々とした中に悲しみを隠した男を演じて、心に染みる芝居を披露している。また関西ジャニーズ Jr.を卒業し、生田斗真や風間俊介などに続いてジャニーズ俳優陣として今後は自分の名前を看板として背負っていく室も、心の機微を表情豊かに表現し、越岡に「めちゃくちゃいい役者です。後輩ではありますけどいろんな経験してきてるんで刺激を受けます」と言わしめた。また脇を固める役者たちも演技派揃い。笑いの間やテンポも抜群の舞台となっている。


 

記者会見3s


そんなカンパニーを率いて主演を務める越岡。その座長ぶりは霧島曰く「(越岡がいると)空気が変わる。俺についてこいっていうタイプではなんですけど、自然にみんながお芝居したい、付いていきたいという気持ちになるんですよね」。そんな越岡と漫才コンビのような掛け合いを見せる室は、越岡のことを「こっしゃんさん」と連発する仲の良さ。当の越岡は「大阪に小5まで住んでて、その時のあだ名が『こっしゃん』だった」そうで、違和感はなさそうだ。「二人の雰囲気がとてもよかったので今後も二人で何か」と報道陣からふられると「ですって!」「どうでしょう?」と二人同時にマネージャーにむけてお伺いを立てる場面も。


 

記者会見1s


二人の仲の良さに関して質問が及ぶと、
越岡:「めちゃくちゃ打ち解けてる感じがありますけどね。この作品やるまであんまりしゃべったことなかったんですけど、関西弁がそうさせたのか普通に友達みたいな感覚でしゃべれますね」
:「僕の愛嬌力がそうさせたんじゃないかな。こっしゃんさんはホンマに優しんですよ。何でも受け入れてくれる感じ」
越岡:「そうでしょ?器でかいでしょ?」
:「本当に器でかいですよ。わんこそばぐらい」
越岡:「ちっちゃいな!」
とこんな掛け合いがすぐに始まるほど息もぴったりだ。
今回の舞台は全編関西弁だがその話題でも
越岡:「普段親としゃべるときは関西弁なんで、そんなに違和感なく戻ってこれました。それに室がね、コテコテの関西弁でしゃべってくるんで」
:「何ゆうてますん?」
越岡:「それや。だから自然とこっちもでちゃいますね」
と漫才のような掛け合いが始まる。

 

IMG_9510s


それでも霧島によると越岡の関西弁は「ちょいちょいシュッとしてしまう」らしいのだが、「僕もイントネーション注意されてるんです」と言う室に記者から「シュッとしてきちゃったんですか?」と尋ねられると「東京かぶれたみたいな言い方やめてください。関西魂はありますから!」と永年室が引っ張ってきた関西ジャニーズ Jr.としての誇りを爆発させた。「(卒業して)給料のほうもね。関西人はがめつくいかなきゃダメなんでね」と笑いを取ると、「やめとけ」と言いつつ「僕もね、(Jr.が)取れた時期ありましたけど、目の前のことを一生懸命やっていけばダイジョーブ!」と越岡が室にエールを送る場面も


 

IMG_9542-1s


今回中止となってしまった大阪公演。「東京公演だけでも幕が開くっていうのは幸せに感じててポジティブに捉えて行こうかなと思ってます」と答えていた越岡だが、室は「稽古の時に、こっしゃんさんと話してた時に、前回出ていた作品も大阪公演が中止になっちゃって今回も大阪公演中止になって、すっごい笑顔で『俺...何か悪いことしたかなぁ?』って言われてそれがお芝居とも重なって(胸に)ぐっときちゃった思い出があります」と悔しい気持を滲ませた。


停滞して自分の中の時が止まったように感じることはきっと誰にでもあること。この舞台では越岡が言う「大きく踏み出す一歩じゃなくて、ちょっとだけ踏み出す一歩」を伝えてくれる。初夏の夜、蚊取り線香の香り、ピアノの音色、月のあかり。外の世界から取り残されたようなノスタルジックな空間は、まるで優しさで固められた繭の中のようだ。そんな中で優しい嘘にすがりながら生きている主人公が、ようやく繭を破って小さな一歩踏み出していく。この舞台は見ている人の心にじんわりあたたかさを届けてくれる。「足、前に出せ!歩け!」これはきっとコロナで傷ついた世界の人々の中へ優しく広がっていくメッセージなのだろう。

IMG_9669-1s


■ 公演日程

2021年5月13日(木)~19日(水)
東京都 博品館劇場
2021年5月28日(金)~6月6日(日)
東京都 ニッショーホール
公式ホームページ https://pachi-stage.com/

 

関連記事


Page Up