Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

舞台『本日も休診』開幕! 初日スタンディンオベーションに柄本明「感無量」

2021/11/14 00:10

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/RanRanEntertainment・オフィシャル

舞台『本日も休診』初日舞台公開・合同取材会が11月12日(金)に、明治座で行われ、柄本明、花總まり、渡辺大輔、中島早貴、佐藤B作、松金よね子、ベンガル、笹野高史、演出のラサール石井が登壇した。

IMG_4379s


本作は、実在した医師・見川鯛山による人気エッセイ『田舎医者』シリーズを下敷きに書き下ろした新作舞台。昭和40年代の那須を背景に、個性豊かな登場人物たちの交流をユーモラスに描く。


見川鯛山を演じる柄本は、初日公演を終えた思いを「お客さまが最後、立ち上がっていただいて、非常にありがたい。ホッとしてます」と語った。

その言葉通り、この日の初日公演は、カーテンコールではスタンディングオベーションが起こり、会場は大きな拍手に包まれた。

a『本日も休診』左から花總まり、柄本明(撮影:引地信彦)


本作は、実在した医師・見川鯛山による人気エッセイ『田舎医者』シリーズを下敷きに書き下ろした新作舞台。昭和40年代の那須を背景に、個性豊かな登場人物たちの交流をユーモラスに描く。


見川鯛山を演じる柄本は、初日公演を終えた思いを「お客さまが最後、立ち上がっていただいて、非常にありがたい。ホッとしてます」と語った。

その言葉通り、この日の初日公演は、カーテンコールではスタンディングオベーションが起こり、会場は大きな拍手に包まれた。

a『本日も休診』左から佐藤B作、笹野高史(撮影:引地信彦)


一方、笹野も「楽しくて楽しくてしようがないんですよ」と笑顔。「(自分たちは)アングラのレジェンドみたいなもんでしょう。でも、一人ひとりの芸風を見ていると、50年前と変わらないから、みんな元気だなって(思った)。とにかく安心感がある舞台。みんなの顔を見ると癒されます。こんなに楽しい舞台は初めて」と満面の笑みで話した。

a『本日も休診』左から柄本明、花總まり(撮影:引地信彦)


花總は、「お客さまの笑い声をたくさん聞くことができたので、やっている最中もそでにいる時も嬉しかったです。無事に開幕できてホッとしております」とコメント。そして、「お稽古は大変でしたが、楽しかったです。初日を開けてからも、日々、皆さん変化していくと思うので、千秋楽までこの時間を十分に満喫したいと思っています」と思いを述べた。

a『本日も休診』左から佐藤B作、柄本明、笹野高史(撮影:引地信彦)

a『本日も休診』左から松金よね子、柄本明(撮影:引地信彦)


演出のラサールは、「感無量以外の何ものでもあります。明治座で、2.5次元やミュージカル以外の、こういったお芝居でお客さまが立つことはほとんどないので、感動しました」と初日公演を振り返った。


また、ラサールは「1974~6年を設定して作っています。おそらく(キャストの)皆さんは劇団を立ち上げたりしていた年で、それを思い出してもらおうと、客入れや休憩時間に当時の音楽を流しています」など、本作ではお客を楽しませるさまざまな仕掛けも用意していることを明かした。冒頭のシーンでは、「いっぺんに(キャストが)出てくる贅沢さを味わっていただこうと(思った)。皆さんに走っていただいて、まだまだ若いんだと思ってもらえたら」と盛り上げる。ぜひ、その贅沢さに注目して見てもらいたい。

a『本日も休診』左から笹野高史、佐藤B作、柄本明、ベンガル(撮影:引地信彦)

舞台『本日も休診』は、11月12日(金)~28日(日)に明治座で上演。

 

関連記事


Page Up