Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ『ワカコ酒Season6』2022年1月10日(月)放送スタート!主演・武田梨奈オンライン記者会見開催

2021/12/11 15:46

取材:記事/RanRanEntertainment・写真/オフィシャル

武田梨奈演じる「酒呑みの舌」を持って生まれたOL・村崎ワカコ(26歳)が酒場をさすらい、女ひとり酒を堪能するドラマシリーズ『ワカコ酒』。第6弾となる『ワカコ酒 Season6』が、BSテレ東にて2022年1月10日(月)深夜0時より放送開始される。原作は累計270万部を超える新久千映の「ワカコ酒」(月刊コミックゼノン連載/コアミックス)。放送開始に先立ち、12月10日(金)に主演の武田梨奈がオンライン記者会見を行なった。

「ワカコ酒Season6」記者会見お写真d

©2022「ワカコ酒6」製作委員会 


TV東京小林教子プロデューサーの挨拶から会見がスタートした。
「今回もワカコは、美味しく食べて、美味しく飲んで、すごく幸せな姿を見せています。ワカコはいつもひとり酒をしているのですが、そこには料理があったり、お酒があったり、お店の方がいたり、周りのお客さんがいたり、生産者の方、お酒を造っている方、すごくいろいろな人の力があって、ワカコがそこに居ます。ワカコがその空間を楽しんでいるということがすごく有難いことで、かけがえのないことなのだということを今回改めて思いました。そのような思いが伝わるといいなと思っております。」

 『ワカコ酒』シリーズ放送開始から7年、Season1から村崎ワカコを演じてきた武田梨奈は「あっと言う間でしたね」と振り返った。久し振りにSeason1から見返したそうで、「幼さが残っている」と感じたという。『ワカコ酒スペシャル飛騨酒造めぐり』に出演し、今回もゲスト出演する辻本達規(BOYS AND MEN)からも「Season1と比べてすごく顔つきが変わっている」と言われたことを明かした。

 司会のTV東京狩野恵里アナから「Season6を演じていかがでしたか?」の問いに、武田は
「8年前に初めてこの作品をやらせていただい時には23歳でしたが、作品の中の村崎ワカコはずっと26歳です。この作品の魅力は、日常を描いていて、その日常を特別だと感じるワカコの心だと思います。最初の撮影から8年経ちましたが、いつも新鮮な気持ちでいたいと思って初心を忘れずに現場にいるようにしました。」と話した。最初は年上のワカコを演じていたわけで「少し背伸びしながら演じていた部分があった」という。だが「スタッフや監督と『ワカコだったらこういう台詞を言いますかね』と相談しながらできました」と当時を振り返った。

Season6の印象に残っているシーン、エピソードについて、「“ファミレス飲みの回”がありまして、ファミレスで飲んだり、喫茶店で飲んだりするんです。普段、家族とご飯を食べに行く場所でお酒をいただくことが初めてだったので、すごく新鮮で楽しかったです。こんな組み合わせがあるんだ」と発見があったという。

 1月31日(月)放送予定の第4夜「絶品グルメをお取り寄せ」では家飲みをテーマにしている。「家飲みはコロナ禍で外に飲みに行けないことが実際に続いていましたよね。私自身も家で飲むことがすごく増えたので、より身近に感じています。外で飲んでいるシーンでは、モノローグでワカコの心の声がありますが、家飲みのシーンはモノローグではなく、実際に声に出してみたりとか、普段よりも酔っぱらっているシーンをお見せしています」と明かし、オフの状態でお酒を楽しんでいる貴重なワカコが見れるという。武田も実際に家飲みする時には開放的になるそうで、「いつでも寝れるスタンスを作って飲みます」と笑った。「最近は辛いソースにハマっていてハバネロソースを用意している」ことも教えてくれた。

そして、第10夜では「初めてのひとり酒」を取り上げる。武田自身は「『ワカコ酒』のワカコ役が決まった時に行ったのが初めてのひとり酒」だったそうでワカコの真似をして飲みに行き、わからないことがあったら遠慮せずにお店の人に聞いたりして、背伸びせずに行ったという。「『ワカコ』を観て、ひとり飲みデビューしてくれる人が増えたら嬉しいです。」と当時の自分と重ね合わせていた。

第10夜の店主を演じるのは三宅裕司。共演する前にたまたま三宅の舞台を観に行ったという武田。三宅がどういう大将を演じるか楽しみにしていたそうで「店主の方にうどんの上げ方だったりすごく細かく聞かれていて、完璧のそのお店の店主を演じていらして、三宅さんというより店主という目線で見るという感じになり、緊張するかなと思ったんですけどお店の人だと思ったら、すごく楽しかったです。」「こんな素敵な店主がいたら毎日通いたいです。」と絶賛していた。

その三宅裕司からコメントが届けられた。「長く続いている番組だけあって、すごくチームワークが良く、やりやすい現場でした。実際のお店でロケをするので、広さなどで不便なところはたくさんありますが、それをみんなで助け合いながら一つのものを作るのは僕も劇団をやりながら経験していて大好きなので、楽しかったですね。」そして、大将を演じるにあたり「ワカコがひとり飲みをするようになるきっかけの店の大将なので、わざとらしくワカコに感じ良く接するのはやりたくなかった」そうで、みんなに平等に接することが居酒屋の雰囲気を良くすると考えて、「ワカコが、こういうところで飲むのはいいもんだ、と思えるような大将を演じました。」

最後に武田の印象は「空手がすごいと聞いていたので、どんな感じかなと思っていたら、全然可愛い女の子で、そのギャップにすごく感動しました。そういう子がお酒が好きで、日本酒を美味しそうに飲むことにもギャップがあって、こういう子と一緒にお酒が飲みたいな」と本音(?)を漏らした。

撮影の時はテストではお酒を飲んでいるふりをするだけなのだが、ほんとにお酒を飲んでいるように見えたそうで「ほんとにお酒が好きなんだな」と撮影時の印象を語っていた。

三宅のコメント映像を見て、武田は「本当に嬉しいですね。三宅さんの演じた大将のところでのきっかけがなかったら、ワカコはもしかしたらひとり飲みをしていなかったかもしれない」と話した。

原作の新久千映からもコメントが届いた。「コロナ禍での自粛生活にも慣れてしまったこの状況下で主に外飲みの楽しさを描いたこの作品がSeason6を迎えられて嬉しく思います。街にも少しずつ明るさが戻ってきているものの依然と同じような賑わいはまだまだ見られません。お店の方はもちろんお客としての私たちも十分に頑張っています。今しばらく辛抱して、ひとりなり、少人数のグループでお酒の席を楽しみながらいつものワカコの姿も思い切り楽しんでいただけたら幸いです。今回はいろいろな場面で飲みながらも、オーソドックスな味わいをできるドラマにもなっていると思います。私自身も一視聴者としてワクワク待っております。お酒を用意して鑑賞する予定です。」

武田は、「新久先生がそう言ってくださるのは一番感慨深いです。ワカコを生んだ方なので、毎回新久先生がどういう感想を持たれるのか気になるのですが、丁寧にいつも感想を送ってくださっているので心強いです。」コメントした。

最後に記者から質問が寄せられた。

――自宅飲みのマイルールは?

決めていないのがルールです。ワカコも飲みたいなという時に、携帯で調べて行ったりしないんです。実際に自分で歩いて、街並み、お店の雰囲気を感じて入るという直感型なんです。私も、今日ちょっと飲みたいなと思ったら、「何にしようかな?」と目をつぶって考えて、パッと思い浮かんだものを買いに行ったりしています。

――Season6で、ワカコが料理教室でイタリア料理に挑戦するそうですが、武田さんご自身は料理をしますか?

Season5に出演した武田鉄矢さんが「ワカコはすごく暮らしの匂いがする」とおっしゃってくださって、日常の、普通の行動を大切にしなくてはと思って、料理がすごく苦手だったのですが、ひまがあれば包丁を握ったり、フライパンを使うようにしています。だいぶ料理はできるようになってきて、家飲みの時もちょっとしたものは作っています。(ドラマの)お料理教室で今回パスタを作ったのですが、普通のパスタと違って、豚肉を丸めて炒めるんです。それが見た目も可愛くて、すごく油の甘味とパスタのにんにくとのマッチが美味しくて家でも作りました。

――お酒を飲んだり、食事をするシーンで、意識していることはありますか?

撮影で実際にお酒を飲むので、すきっ腹だと酔ってしまうので、撮影前には半分ぐらいお腹を満たしていきます。それから、ワカコの決め台詞「ぷしゅー」は、作りこまないようにしています。テストの時も「ぷしゅー」は角度だけ決めて、「ぷしゅー」の前にいただくお酒と肴で変えています。のどが満たされた時はダイナミックな「ぷしゅー」になりますし、日本酒でしみわたる感じだと(小さく)「ぷしゅー」と呟く感じにしたりと臨機応変にやっています。「ぷしゅー」は一番の、ワカコのピークの状態なので大切にしています。



ドラマ『ワカコ酒 Season6』

放送日時:2022 年 1 月 10 日(月)スタート 毎週月曜深夜 0 時
放送局:BSテレ東 BS7ch、BSテレ東4K 4K7ch
原作:新久千映「ワカコ酒」(月刊コミックゼノン連載/コアミックス)
監督:久万真路、片桐健滋、若林将平
脚本:阿相クミコ、女里山桃花
出演:武田梨奈 野添義弘 鎌苅健太 山田キヌヲ 渡部瑞貴
辻本達規(BOYS AND MEN)フォンチー 三宅裕司 ほか

プロデューサー:小林教子(テレビ東京)、石井光雄(エムロックス)、田中厚朗(ザフール)
制作:BSテレ東/ザフール
製作・著作:2022「ワカコ酒6」製作委員会
公式 HP https://www.bs-tvtokyo.co.jp/wakako_zake/
公式 Twitter @wakakozake_TV
公式 Instagram @wakakozake_tv

関連記事


Page Up