Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【第72回紅白リハ 速報】DISH// 『猫』 北村匠海、来年は自分たちで風を吹かしていく!頑張って 仕事をします!

2021/12/29 17:20

取材:記事/RanRanEntertainment

第72回紅白歌合戦のリハーサルが12月29日(水)、東京国際フォーラムにて行われた。楽曲『猫』で初出場となるDISH//が音合せを終え、メンバーの北村匠海、矢部昌暉、橘柊生、泉大智が囲み取材に出席した。

EM5_1612s

左から)橘柊生、北村匠海、矢部昌暉、泉大智


はじめに北村は「今リハーサルを終えて、なかなか実感が沸かない。あっという間に年末になってしまったというなか、たぶん本番当日は大緊張で、テレビの前で見る家族、遠方に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃん、そして自分たちを応援してくれる皆さんのことを思い浮かべながら、精一杯歌うだけなのかなと思っております」と今の心境を話した。


東京国際フォーラムで歌うNHK紅白歌合戦について、北村は「初出場なので、今までとの違いは分からないですけれど、 『これが紅白かあ』という感じ。スタッフさんが  役者さんのプリントされた名札をつけて座ってらっしゃったりとか、 僕らが歌った横に MCっぽい場所があるとか、そういう空気感、セットの感じを見て、ああ紅白だなあって感じがしました」とリハーサルでの雰囲気を伝えた。

先ほど行われたあいみょんの取材にて、「DISH//が『猫』を歌ってくれて一作家として嬉しいし、しっかり緊張して楽しんで精一杯歌ってもらいたい」とのエールを送っていたが、北村は「初なのでとにかくいろんなことが体内で巻き起こると思うのですが、精一杯歌うだけ。余裕なんかいらないという感じですね。今は、若干猫背でお送りしています(笑)」と余裕で話した。

DSC01697s


矢野も「リハーサルが終わって、ここに来るまで緊張する時間もないという感じ。 ちょっとリラックス体制でお送りしております」と続けた。北村は31日の本番では「反り返っている可能性もあります」と緊張する可能性も。

1年を振り返って漢字一文字で示すとすれば? 北村は「“風”という漢字。とにかくすごい風が吹いているなか、僕らもその風に背中を押されながら、1年を過ごしたなあ。いろんなことがありました。成功体験もいっぱいありましたし、考えたこともいっぱい ありましたし、 そこで得たものもいっぱいありましたし、そのゴールが紅白っていうの がとても嬉しく感じました。来年は自分たちで風を吹かすようにならなきゃいけないよ ねって僕らも4人で話していて、DISH//がこの紅白というバトンを受けて、来年自分たちで風を吹かしていくという1年になればいいと思います。頑張ります。頑張って 仕事をします」と笑顔で話した。

関連記事


Page Up