芦田愛菜主演 映画『星の子』 特報・場面写真解禁!永瀬正敏&原田知世が両親役に

2020/7/21 05:00

芦田愛菜主演 映画『星の子』

chihiro-(002)

芦田愛菜の6年ぶりとなる実写映画主演作『星の子』(監督・脚本:大森立嗣)が10月に公開となる。本作で芦田が演じるのは、“あやしい宗教”を深く信じている両親を持つ中学三年生の少女・ちひろ。原作は『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子。監督・脚本は『日日是好日』『MOTHER マザー』の大森立嗣。音楽の世武裕子をはじめ、『日日是好日』のスタッフが再び集結し、芦田愛菜が演じるヒロインの健気で涙ぐましい姿を描き出す。

 

3shot-(002)

この度、第二弾キャストとして、ちひろの父役を永瀬正敏、母役を原田知世が演じることが解禁された。本作では、ちひろの成長を愛情たっぷりに見守る一方で、幼少期、病弱だったちひろを救った“水”と、その水を販売する“あやしい宗教”を深く信じてしまうことから、家が日に日に貧乏になり、挙句の果てにはフリーマーケットで買ったお揃いの緑ジャージしか着なくなる両親を演じる。

日本のみならず、世界中の映画にコンスタントに出演し続けている永瀬は、娘を助けたい思いから藁にもすがる思いで飛びついた“あやしい宗教”を深く信じ続ける父という自身の役柄について「人は何か一つの出来事に対して、信じてしまえば次第にそれが真実になっていく。そういう風に最後まで流れていくといいなと思いました」と振り返る。原田との共演については「14年ぶりにご一緒させてもらって、あまりの変わってなさにびっくりしました。“信じるものがばっちり一致している夫婦”の役でしたが、知世さんの演技を見て、感情がパッと浮かび上がるような感覚があり、だいぶリードしてもらった気がします。」と、抜群のコンビネーションを発揮したことを明かした。

一方、現在の芦田と同じ16歳の時に『時をかける少女』(83)でスクリーンデビューを果たし、現在でも第一線で活躍し続ける原田は、「今まで演じたことのない新しい役でした。ほかの人から見るとちょっと奇妙に見えたりする部分もあるのですが、子供を深く愛していて、夫婦が同じ方向を見て共に手を取って歩んでいる。すごく幸せそうで温もりを感じました。」と自身の役柄について語る。また、本作では普段の原田のイメージとは程遠い夫婦お揃いの全身緑色のジャージ姿も披露し、「一人より二人で着ている方が楽しかった」と14年ぶりの永瀬との夫婦役をチャーミングに振り返った。

 

2shot-(002)

また、今回同時に解禁された、芦田愛菜が演じる主人公ちひろの、自らの思春期を思い悩み、ひとり遠くを見つめる姿から始まる特報映像。「私、この水飲むと風邪引かないんです」と先生に語るちひろのセリフからは、病弱だったちひろ自身を救った“あやしい宗教”を深く信じている父(永瀬正敏)と母(原田知世)に対する、複雑な感情が垣間見られる。何かから逃げるように街を駆け抜けるちひろ。頭にタオルを乗せて水を掛け合う両親。本格女優として堂々たる主演を果たした芦田愛菜、そして日本映画を牽引してきた永瀬正敏と原田知世が演じる、家族のドラマに期待が高まる。

特報映像: https://youtu.be/9344q7zIJCM

映画『星の子』 (配給:東京テアトル、ヨアケ)
©️2020「星の子」製作委員会
2020年10月全国公開

関連記事


Page Up