満島真之介、連ドラ初主演!共演に鈴鹿央士 連続ドラマ「カレーの唄。」10月配信&放送

2020/8/6 18:39

満島真之介、鈴鹿央士 連続ドラマ「カレーの唄。」

CurrySongs_main-visual

カレーをモチーフに、満島真之介&鈴鹿央士のコンビで男同士の絆を描いた、連続ドラマ「カレーの唄。」が、10月より、ひかりTV、dTVチャンネルにて順次配信、BS12 トゥエルビにて放送される。

両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎役を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となる満島真之介。優秀な弟にコンプレックスを抱く、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰役を演じるのは、昨年公開された映画デビュー作『蜜蜂と遠雷』(’19)で映画賞の新人賞を総なめにした鈴鹿央士。

さらに、身寄りがない陽一郎を助ける、情に厚い下町の不動産屋経営者・清川薫子役に、森口瑤子が扮し、二汰が片思い中の、同じ大学に通う女子学生・森まどか役を、フジテレビヤングシナリオ大賞「ココア」(’19/フジテレビ)で主演を務めた出口夏希が演じる。

全12話各話ごとに異なる、多種多様なカレーも見どころの1つで、都内有名店、隠れた名店の他に、ハウス食品と共同開発したレシピのカレーや、店舗数1位のギネス世界記録™を持つココイチも登場。陽一郎が悩みを抱えた登場人物を誘い、おすすめのカレーを一緒に食べながら、相手の悩みを解決する。

オリジナル作品に定評のある、脚本・山﨑佐保子と瀬田なつき監督のタッグにより、2人の男がカレーを通じて絆を深める様を描いたハートウォーミングなドラマ。国内外で人気を誇る4人組クラブジャズバンド・JABBERLOOPが音楽を務め、主題曲「spice」他が収録されたアルバム「CORE」が、9月9日(水)リリース。また、同名タイトルでコミカライズされ、コミック「カレーの唄。」(漫画:月吉 原作:山﨑佐保子)が、COMIC BRIDGEにて、8月7日(金)より連載スタートする。

 

≪STORY≫両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎(満島真之介)は、あるトラブルをきっかけに、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰(鈴鹿央士)と出会う。お金がない陽一郎は、助けたことを口実に二汰にカレーをおごらせると、ポツリと家族について語りだす。清川不動産の清川薫子(森口瑤子)は、アパートの管理人だったことが縁で、陽一郎の亡き父の遺骨を預かっている。陽一郎が毎日カレーを食べ歩くのには、何か深い理由があるようで…。

関連記事


Page Up