葉山奨之、堀田茜、八木アリサ、理想のキスは?映画『キスカム!~COME ON, KiSS ME AGAiN! ~』祝!公開決定イベント

2020/9/2 09:35

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

新型コロナウイルスの影響により公開が延期されていた映画『キスカム!~COME ON, KiSS ME AGAiN! ~』の公開初日が9月4日(金) に決定。9月1日(火)に東京・よしもと有楽町シアターにて、「祝!公開決定イベント」が行われ、主演の葉山奨之(24)、堀田茜(27)、八木アリサ(25)に加え、イベント冒頭で主題歌『ぜんぶ。』を歌唱した井上苑子(22)が舞台挨拶を行った。当イベントは無観客にて実施、公式YouTubeにて公開日に合わせ配信される。

 

319A2604s

冒頭、当イベントに参加できなかった松本花奈監督(22)から「幸せのキス、お別れのキス、不本意なキス、前に進むためのキス、いろいろな感情の中でのキスシーンがあるんですが、どれにも愛があるようにと思い本作を作り上げました」とビデオメッセージが届けられた。

葉山は「年下の監督とご一緒するのは初めて。どう接していいか分らなかったですけど、(監督が)メチャメチャ堂々としていて、やりやすかったです」と語り、さらに「撮影が1年以上前だったので、公開が決まって、本当によかった!の一言です」と安堵の表情を浮かべた。

 

319A2457s

葉山は共演者について「堀田さんはいい匂いした記憶がある。堀田さんとのシーンはいい匂いで溢れているので、多分映像にも映っているんじゃないかと思います」と好評価。一方、堀田は「(葉山は)打ち解けるのが早く、すごい気さくですし、現場が若い世代の中で、男気があって、頼り甲斐がありました」と称賛。

 

319A2464s

葉山と八木は同じ高校の同学年でクラスがお隣同士だったそうだが、八木は「そのときは(葉山とは)お話したことがないんですよ。人気者というか、お調子者的なイメージだった。今はリーダーとして頑張ってらっしゃる」と評した。

 

319A2427s

イベントの冒頭に、主題歌『ぜんぶ。』を歌唱した井上は主題歌、挿入歌を担当のみならず、本人役で本作にも出演している。井上は「司会の方から『井上苑子さんです』と言われて出て行くシーンでは、(周りが)キス、キス、キスの変な空間だなと思いながら歌っていました」と振り返った。

葉山が補足する。「そのシーンは不思議な気持ち。エキストラ50人が皆キスをする。初めましてで、宜しくお願いします。用意、スタート!でキス。どういうこと?すごいなと思いました。日本人はキスに対して、緊張するというか抵抗感があるんですけど、最後のクライマックスシーンでその抵抗感がなくなればと思いました」と見どころシーンをアピールした。

 

319A2522s

理想のキスは?と聞かれたキャストたち。葉山に促された堀田は「女の子は不意打ちのキスに弱いんじゃないかな。振り返ったら、不意打ち!憧れは不意打ちキスです」と答えると、葉山は「僕は恥ずかしがり屋なので、『キスしていいですか?』って言っちゃう。言わないようにしたい」と続いた。

八木は、本作での逆床ドンに言及。「女の子の逆床ドンするっていうのは、自信がないですけど、画がメチャクチャ可愛かったので、いつかやってみたい」、そして井上は「韓国ドラマオタクなので、(ドラマに出てくる)手の大きな人に耳の裏を触られながらキスされるところが、すごい好きです」と話が盛り上がった。

 

319A2436s

そして、最後には葉山が「今は映画館に行くのが難しいと思うのですが・・・、キスをしたくなる作品になると思うので、ぜひ劇場で観て下さい」とアピールし、本イベントを締めくくった。

 

 

関連記事


Page Up