Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

亀梨和也、5年ぶりの舞台に「あとは、自宅で気持ちを落ち着かせるだけ」 PARCO劇場オープニング・シリーズ『迷子の時間-語る室2020-』

2020/11/7 04:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

PARCO劇場オープニング・シリーズ、亀梨和也主演による舞台『迷子の時間-語る室2020-』の公開前取材会が、11月7日(土)開幕前日の6日(金)に、渋谷・PARCO劇場で行われ、亀梨和也、貫地谷しほり、浅利陽介、松岡広大、古屋隆太、生越千晴、忍成修吾、そして作・演出の前川知大が登壇した。

 

319A3250s

左から:前川知大、古屋隆太、松岡広大、浅利陽介、亀梨和也、貫地谷しほり、忍成修吾、生越千晴

 

人気の無い山道で、一人の園児と幼稚園送迎バスの運転手が姿を消した・・・。深遠さを増した独特のSF的な世界観から、今を生きる意味を問いかけてくる前川ワールドの真骨頂といえる作品だ。

失踪した子供の叔父で奇妙な幻覚に悩む警察官を亀梨、警察官の姉で失踪した息子の母親役を貫地谷が演じる。さらに、父の死を知り実家を目指すヒッチハイカーを浅利、帰ることのできない未来人を松岡、奇跡を信じて嘘をつき続ける霊媒師を古屋、浅利演じるヒッチハイカーの妹で遺品から亡き父の秘密に迫ろうとする娘を生越、そして失踪したバス運転手の帰りを待ち続ける兄役を忍成が演じている。

はじめに、前川は「見どころを言うのはとても難しい芝居なんですけれども、この7人が絡み合いそうで、絡まなそうで、でも深いところで絡んでいることが徐々に分ってくる。ややこしい話ではあるんですけれども、難しく考えるよりも感覚で観てもらえるよう作ったつもりです」と鑑賞のポイントを説明。

 

319A3409s

亀梨は「PARCOさんとお仕事をさせていただくのは初めてですし、(新生PARCO)劇場自体もそうですし、またストレートプレイも初めてと、初めてのことだらけの環境の中、共演の皆さんも浅利君以外は、はじめましてのところから入りました。すごく素敵な稽古場で過ごさせていただき、こういった状況の中でステージに立たせていただけることを感謝しつつ、来てくださる方たちにもいい時間を過ごしていただけるよう尽くしたいと思います」と意気込みを語った。役どころの警察官役について「初めてではないですけど、靴下の中にズボンを入れるスタイルは初めてです」と笑わせた。

5年ぶりの舞台ということで、亀梨は「日々、挑戦であり発見であり気付きもあって、帰宅してから台本を見て、あそこをこうした方がいいかなとか・・・」と心境を明かすと、貫地谷が「(亀梨は)一週間前からドキドキしているんです」と指摘。亀梨は「苦労というより、自宅で気持ちを落ち着かせる作業だけ。お風呂にゆっくり入ったり、新喜劇の映像を観たり。でも、すぐ(気持ちが)戻っちゃうんです」と緊張感をあらわにしていた。

 

319A3424s

貫地谷は「あこがれの前川さんの作品に参加できることがすごく嬉しかったのと、PARCO劇場に初めて出演できることがすごく嬉しいです。そして、ここにいる人たちがどんどん好きになっていった現場でした。そして、懐かしい感じもするのに、前川さんの時空を自在に操る素敵な舞台になっていますので、多くの方に観ていただければと思います」と語り、自身の役柄については「(亀梨とは)同い年ですが、(亀梨の)姉です」と笑わせた。

 

319A3434s

浅利は役柄について「ヒッチハイカーの役で、緩く出て、緩く去って行く役。ヒッチハイカーですから、風のごとく流れていくような。橋爪功さんのような、さっと出たら、すっと笑えて存在感のある者を目指して頑張っております」とコメント、忍成は「バーベキューの好きな農協のオジサンで、いろんな人をバーベキューに巻き込む。僕の最終目標はこれを祭りにすることです」とそれぞれユーモアたっぷりに自己紹介した。

 

319A3470s

前川の稽古のやり方がとてもユニークであることが明かされる。貫地谷が「お稽古は毎日、ゲーム(椅子取りゲームやらジェスチャーゲームなど)から始まるんです」と切り出し、浅利は「(亀梨は)しゃべり出したら、止まらなくなりますよね。ワードウルフ(皆とは異なるお題を与えられた少数派を探し出すゲーム)とか」と続く。前川は「僕自身、全員と初めてだったので、まずはコミュニケーションをとりたいというのがありました」とゲームの意味合いを説明した。

 

 319A3353s

さらに、劇中のバーベキューを実体験するため、皆でバーベキューに行ったことも明かされた。一人一品持ち寄ることで、前日に持ち寄る品を申告したが、なんと、お肉が申告漏れ。亀梨が当日の朝、大量に買い込んでくれたそうな。さらに浅利が「はまぐりも!」、貫地谷「美味しかった!」、亀梨は「これは座長として気持ちを込めて(ハマグリは)前もって手配しました」と楽しそうにバーベキューのシーンを振り返っていた。和気藹々なチームで繰り広げる前川ワールド!開幕が楽しみだ。

PARCO劇場オープニング・シリーズ『迷子の時間 -語る部屋2020-』
公式サイト: https://stage.parco.jp/program/maigojikan
東京公演:2020年11月7日(土)~11月29日(日)
大阪公演:2020年12月8日(火)~12月13日(日) サンケイホールブリーゼ

関連記事


Page Up